広告ライブラリー

2006年版カレンダー

須田悦弘の世界


photograph:© Keizo Kioku

2006年版カレンダーは、大林組東京本社のアートプロジェクト*に参加したアーティストを紹介するコンテンポラリーアート・シリーズの第5弾です。
今回は、シリーズ初の日本人アーティストで、草や花の精緻な木彫の作品で知られている須田悦弘(すだ・よしひろ)を取り上げています。このカレンダーでは、アートプロジェクトにおいて創り出した空間の他、世界各地で試みた須田克弘の作品の数々をご紹介しています。

*アートプロジェクト
東京本社の建築空間とアート作品とを融合させ、当社の企業理念の一つである<空間に新たな価値を創造する>試みをおこなったものです。

須田悦弘の略歴

1969年、山梨県に生まれる。東京都在住。

主な個展:
  • 1993年 「銀座雑草論」銀座1-4丁目パーキングメーター、東京
  • 1999年 「ハラドキュメンツ6:須田悦弘―泰山木」原美術館、東京
  • 2003年 アート・インスティテュート・オブ・シカゴ、アメリカ
主なグループ展:
  • 1998年 「第11回シドニー・ビエンナーレ」ニューサウスウェールズ州立現代美術館、オーストラリア
  • 2000年 「温室効果」サーペンタイン・ギャラリー、ロンドン、イギリス
  • 2001年 「ARS '01」キアスマ、ヘルシンキ、フィンランド
  • 2004年 「21世紀の出会い―共鳴、ここ・から」金沢21世紀美術館、金沢

© 2005.obayashi corporation 写真の無断転載・転用を禁止します。