大林組は創業120周年を迎えました

大林組 創業当時の店舗の鬼瓦

創業当時の店舗の鬼瓦

 

新たな一歩として、社会と共に歩んでまいります

大林組は、1892(明治25)年に大阪の地で誕生して以来、明治、大正、昭和そして平成へと移ろう時代の中で歴史を刻み、今日まで社業を発展させてまいりました。

 

創業以来、建設業が使命とする技術の向上や誠意ある施工を担いつつ、大林組は一人ひとりのお客様と向き合いお応えする。こうした「誠実なものづくり」の精神は、大林組の伝統として今なお脈々と受け継がれています。

 

時代と共に進化する技術と施工力で常に業界の先駆けとして取り組み、高さへの挑戦では、古くは1903(明治36)年の第5回内国勧業博覧会「大林高塔」に始まり、世界一の高さを誇る自立式電波塔「東京スカイツリー®」の建設へとつなぎました。

 

これからも大林組は、長い歴史で培ったお客様との信頼、そして揺るぎない誇りを胸に、社会と共に歩んでまいります。

 

 

創業から120年の歩みを紹介する関連情報

大林組2012年版カレンダー「120 Years of OBAYASHI」

大林組2012年版カレンダー「120 Years of OBAYASHI」

2012年版カレンダーでは、大林組のコーポレートメッセージ「時をつくる こころで創る」をテーマに、創業時からの代表的な竣工作品を時代の流れに沿って紹介しています。

時をつくる こころで創る「THE OBAYASHI EXPERIENCE」

時をつくる こころで創る 「THE OBAYASHI EXPERIENCE」

大林組が創業120年を迎えるにあたり製作したウェブ映像作品です。大林組が社会や時代と共に歩んできた「道」を表現し、それぞれの時代で築いてきた竣工作品を通じて、120年という時の流れを体験できます。

大林組歴史館

大林組歴史館 OBAYASHI HISTORY MUSEUM

大林組歴史館は、2001(平成13)年10月に創業110年を機に開設しました。創業以来の「志」と「責任感」、「未来志向」を多くの皆様に体験いただいています。

おおばや史

おおばや史

大林組の歩みや社会の出来事、建設業の歴史を創業から現在まで、年表で紹介しています。また、大林組が手がけたその時代を象徴する建築作品をコラムで紹介します。