季刊大林
季刊大林について
バックナンバー
購入方法について
ご意見ご感想
 
最新号の紹介
No.57 「秀吉の普請」 2016年  
No.57 「秀吉の普請」 2016年
豊臣秀吉は、政治上の出来事とユニークなキャラクターで知られていますが、彼が史上最大の"建設好き"であったことはご存知でしょうか?

京都に注目してみると、応仁の乱(応仁元(1467)年)で壊れかけた千年の都を再建し、近代京都の街並みの基礎をつくりあげたのは秀吉に他ならず、建物では豪華絢爛な城館としてその名を知られる「聚楽第」のほか、世界の木造建築史上最大の建物「方広寺大仏殿」も建設しています。

本号では、秀吉の都市づくりと建築づくりを、京都を中心に紐解いてみました。当社社員による大林組プロジェクトでは、過渡期の京都に7年間だけ姿を現した「方広寺大仏殿」の復元に挑戦しています。
目次

建築家・土木家としての秀吉
 山本博文(東京大学大学院情報学環史料編纂所教授)
秀吉の普請年表
秀吉のつくった京都
 河内将芳(奈良大学文学部史学科教授)
「大仏」殿か大「仏殿」か
 黒田龍二(神戸大学大学院工学研究科教授)
秀吉が建設した世界最大の木造建築『方広寺大仏殿の復元』
 復元:大林組プロジェクトチーム
 監修:黒田龍二
秀吉が開花させた桃山文化
 熊倉功夫(静岡文化芸術大学元学長、和食文化国民会議会長)
シリーズ 藤森照信の『建築の原点』H 御柱
 藤森照信(東京大学名誉教授、建築史家・建築家)
秀吉の普請マップ

大林組サイトへこのサイトについて個人情報保護について
Copyright (c), OBAYASHI CORPORATION, All rights reserved.
banner