季刊大林
季刊大林について
バックナンバー
購入方法について
ご意見ご感想
 
最新号の紹介
No.58 「森林」 2017年  
No.58 「森林」 2017年
伝統の材料であった木材は、高度な集成木材のみならず、鋼鉄より軽くて強い植物繊維由来の素材であるセルロースナノファイバーなど、最先端材料にも変貌させることができるようになってきました。国土の約7割が森林に覆われた日本において、私たちは森林とどのように向き合っていけばよいのでしょうか。

本号では、3人のオピニオンリーダーが、海外と比較しながら森林の現状や重要性、今後のあり方などについて論考。また、大林組技術陣による誌上構想「大林組プロジェクト」では、森林から得た資源だけで街をつくりエネルギーも循環させるという、豊かな森林資源を活用した自立型の街「LOOP50」建設構想に挑戦しています。
目次

グラビア
 Made of WOOD
森林の魔法
 C・W・ニコル(作家)
森林の社会的価値と木材の未来
 涌井 史郎(雅之)(東京都市大学 特別教授)
日本の森林の再生
 酒井 秀夫(東京大学 名誉教授、日本木質バイオマスエネルギー協会会長)
森林と共に生きる街「LOOP50」建設構想
 構想:大林組プロジェクトチーム
シリーズ 藤森照信の「建築の原点」I 森のチャペル
 藤森 照信(東京大学 名誉教授、東京都江戸東京博物館 館長、建築史家・建築家)
木にまつわるエトセトラ

大林組サイトへこのサイトについて個人情報保護について
Copyright (c), OBAYASHI CORPORATION, All rights reserved.
banner