カテゴリ

最新記事を検索

市立広島工業高校電気科の生徒が再生可能エネルギーを学ぶ

太陽光発電の授業と発電施設の見学会を行いました
市立広島工業高校電気科の生徒が再生可能エネルギーを学ぶ

授業を行う大林クリーンエナジー社長の入矢桂史郎(左)と大林組技術者(中央)

大林組グループの大林クリーンエナジーは、広島県広島市でアカデミックリサーチパーク(ARP)太陽光発電所の管理運営を行っています。工業技術者をめざす広島市立広島工業高校の生徒を対象に、11月14日に太陽光発電をテーマにした出前授業を、20日にARP太陽光発電所の見学会を行いました。

市立広島工業高校は、高校生ものづくりコンテストで毎年優秀な成績を収めており、ものづくりのスペシャリストを多数輩出しています。今回は、電気・発電関係への進路を視野に入れている電気科の1年生40人を対象としました。

発電した電気を変換するパワーコンディショナーなどを見学

生徒らは、ソーラーパネルで発電した電気を変換するパワーコンディショナーなどを見学しました

3つの発電所で構成されるアカデミックリサーチパーク(ARP)太陽光発電所

3つの発電所で構成されるアカデミックリサーチパーク(ARP)太陽光発電所の発電設備容量は3.302MW。2013年8月の稼働開始以来、災害時の非常用電源としての役割も担っています

出前授業では「今なぜ太陽光発電なのか」と題して、発電の原理を解説しました。続いてARP太陽光発電所の建設プロセスとともに施設概要を紹介。クラウドを活用し遠隔監視で無人運転を実現していること、発電状況をリアルタイムに ウェブサイトで公開していることなどを説明しました。

ARP太陽光発電所で実施した見学会では、大林組と大林クリーンエナジーの職員がシステムの説明を行いました。実物のメガソーラーを見た生徒たちからは「発電の仕組みやシステムがよく理解できた」との感想が寄せられました。

東日本⼤震災以降、安全かつ持続可能な社会を支える新たなエネルギー源が求められています。大林組グループは、今後も再生可能エネルギー事業を積極的に推進し、そのノウハウを未来の街づくりを担う次世代に伝えてまいります。