プレスリリース

プレスリリーストップへ

最新記事を検索

pointer 風環境予測ソフトウエア「Zephyrus」に風力発電量予測機能を追加
  大林組は、同社が開発した風環境予測ソフトウエア「Zephyrus(ゼフィルス)」に、風力発電量の予測機能を新たに追加し、(株)CSK (本社:東京都新宿区、会長:青園雅紘)を通じて、日本国内で販売を開始します。ビルの屋上などに風力発電装置を設置した場合の、年間風力発電量の予測が可能になります。

Zephyrus」は、ビル風による周辺市街地への影響を、一般の設計者でも簡易に予測できるように開発されました。通常、風環境の予測では、地表面付近の風速分布を用いますが、同ソフトウエアでは、街区内の三次元の風速分布が計算結果として得られるため、ビルの屋上部分でも風速、風量を予測できます。近年国内では、風力発電の導入例が増えてきたことから、三次元で風速分布を測定できるゼフィルスの特性を生かして、ビルの屋上などに風力発電装置を設置した場合の、年間風力発電量を予測する機能を新たに追加しました。これにより、風力発電装置の設置を検討している設計事務所やコンサルタント会社などは、目標の発電量を確保する風力発電施設の効率的な計画をすることができます。
また、「Zephyrus」は、年間の風観測データをもとにして、市街地だけでなく工場敷地など大規模な造成地で行なう風力発電の発電量を予測することも可能です。さらに、地図上の地形が実際の地形と異なった場合、新たに開発した地形編集機能により、電子地図データ上の地形を、現地の状況に合うように修正できます。風環境の予測だけでなく、計画建物や周辺建物のモデル化から流体計算、風環境の評価、年間風力発電量の予測まで、パソコン上で一貫して作業を行なうことができます。
Zephyrus」の導入に際しては、CSKが顧客のニーズに合わせて最適なパソコンの選定と、それに合わせたインストールおよび環境設定を行った上で出荷するため、面倒な作業をすることなく、すぐご利用になれます。あるいは、無償配布致します「お試し版Zephyrus」を用いて、お客様自身で動作検証をされた場合は、「Zephyrus」単体での販売も致します。また、CSKでは「Zephyrus」を利用する上で必要となる電子地図情報の販売なども行ないます。

Zephyrus」の特長は次のとおりです。
  1. 風力発電装置の年間風力発電量を予測できます。

    三次元で風速分布を測定できるので、ビルの屋上などに設置した風力発電装置の年間風力発電量を予測することができます。また、市街地だけでなく、年間の風観測データをもとにして、工場敷地など大規模な造成地で行なう風力発電の発電量を予測することも可能です。
     
  2. すべての作業がパソコン上で一貫して行なえます。

    計画建物や周辺建物のモデル化から流体計算、風環境の予測、風環境の評価、年間風力発電量の予測まですべてパソコン上で一貫して行なえます。
     
  3. 実際の地形にあわせて、地図上の地形を修正できます。

    風力発電装置を設置するために土地を造成した場合、地図に登録されている地形と実際の地形が異なってしまうことがあります。その場合、新たに開発した地形編集機能により、電子地図データ上の地形を、現地の状況に合うように修正することができます。
     
  4. Zephyrus」の導入に際して、面倒な作業が必要ありません。

    CSKが顧客のニーズに合わせて最適なパソコンの選定と、それに合わせたインストールおよび環境設定を行った上で出荷するため、面倒な作業をすることなく、すぐご利用になれます。
今後大林組は、風力発電装置の設計や設置を手掛ける設計事務所やコンサルタント会社を対象に、風力発電施設の建設や建物設計の初期段階の比較検討用ツールとして「Zephyrus」を積極的に営業展開していきます。
計画建物周辺の高さ方向の発電量分布
以上
  ■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室企画課
東京都港区港南2-15-2  品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014