プレスリリース

プレスリリーストップへ

最新記事を検索

神戸市内において大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設に着手

大林組所有の遊休地活用では最大規模の発電所

株式会社大林組(本社:東京都港区、社長:白石達)は、このたび、兵庫県神戸市西区押部谷町に所有する遊休地において、「押部谷(おしべだに)太陽光発電所」の建設に着手しました。

 

本事業は、大林組所有の遊休地活用では最大規模の発電所となり、本土地内の約18haにおいて発電施設(発電規模:9.7MW)を整備するものです。当事業の運営は、大林組グループの再生可能エネルギー事業会社である株式会社大林クリーンエナジー(出資:大林組100%、本社:東京都港区、社長:入矢桂史郎)が実施し、設計・調達・施工は大林組が担当します。
 

2014年10月から発電を開始し、年間の発電電力量は981万kWh(一般家庭の約2,700戸分の年間使用電力量に相当)を予定しています。発電した電力は、再生可能エネルギー特別措置法の固定価格買取制度を適用し、すべて関西電力に売電する計画です。

 

大林クリーンエナジーは、2013年度末までに施工中・計画中の案件を含め、合計発電規模100MWをめざしております。

 

【大林クリーンエナジーが手がける、発電中・施工中・計画中の太陽光発電所】

大林クリーンエナジーが手がける、発電中・施工中・計画中の太陽光発電所

 

大林組グループは、今後も積極的に再生可能エネルギーの発電事業に取り組み、事業を通じて蓄積したノウハウをお客様へ展開し、次世代エネルギーに関するソリューションの提供に注力していきます。

 

押部谷太陽光発電所の概要】

  • 場所:兵庫県神戸市西区押部谷町木津ほか
  • 土地面積:約18ha(発電施設の設置面積)
  • 発電設備規模:9.7MW
  • 完成予定:2014年9月
  • 発電開始:2014年10月

 

押部谷太陽光発電所

 

 以上

 

この件に関するお問い合わせ先

大林組 CSR室広報部広報第一課
TEL 03-5769-1014
 

プレスリリースに記載している情報は、発表時のものです。