プレスリリース

プレスリリーストップへ

最新記事を検索

IoTを活用した作業員向け安全管理システム「EnvitalTM」のサービス提供を開始

バイタルセンサと環境センサを活用して労働環境下での安全管理を実現します

株式会社大林組(本社:東京都港区、社長:白石達)は、IoT(※1)の取り組みの一つとして、建設現場や工場などにおいて就労者が安全に働ける環境の整備を目的に、バイタルセンサと環境センサを活用した作業員向け安全管理システムEnvital(エンバイタル)のサービス提供を開始します。サービスは2017年7月から開始する予定です。

Envitalの概念図

システム概要(Envitalの概念図)

 

Envitalのバイタルセンサには、東レ株式会社と日本電信電話株式会社が開発した機能素材hitoeⓇ(※2)を、環境センサには大林組が開発した暑さ指数ウォッチャーⓇ(※3)を用います。これらセンサからの情報をNTTコミュニケーションズ株式会社が提供するクラウドサービスに集約し、大林組が独自にカスタマイズした基準を用いて安全管理を行うシステムです。

 

本システムにより、作業員のバイタルデータ(心拍数)および作業姿勢(傾き)と、作業場所ごとの環境データ(WBGT(暑さ指数)(※4))が可視化されることから、作業員本人や管理者などがタイムリーな体調管理や、事故防止を目的とした対策を講じることができるようになります。

 

温暖化による気温上昇が進む中、今世紀末には熱中症などによる死者数が現在の2倍以上に増えると予測されています(※5)。特に建設現場においては、夏場の作業環境はたいへん厳しく、事故防止の観点から作業員の体調を管理し建設現場の安全を確保する取り組みが必須となります。

 

大林組では熱中症対策として、簡易測定器などを用いてWBGT(暑さ指数)を計測管理し予防に活用していますが、個々の作業員の体力・体調の違い、作業場所ごとの環境の違いなどから熱中症事故の根絶は難しい状況です。心拍数の上昇といった作業員の個々の体調の変化や作業場所ごとの環境の変化を、管理者がリアルタイムに把握することが可能になれば、熱中症予防を大きく前進させることができます。

 

大林組は、課題解決のため2015年春からNTTコミュニケーションズと共同で建設業や製造業の現場において実証実験を進めてきました。2016年には延べ300人を超える作業員を対象とした大規模実証実験を実施しており、その結果を基にNTTコミュニケーションズが提供するシステムのカスタマイズを行い、このたびのサービスを展開することとなりました。

 

Envitalのサービス概要は以下のとおりです。

 

  1. システム概要

    作業員向け安全管理システム「Envital」の概念図は上図参照

    Envital管理階層図

    Envital管理階層図

  2. サービスに含まれる内容
    1. (1)ウェアラブルバイタルセンサを利用した心拍数などの取得
    2. (2)暑さ指数ウォッチャーを利用したWBGT値の取得
    3. (3)トランスミッターを利用した作業姿勢データの取得
    4. (4)各種取得データの可視化
    5. (5)可視化したデータが、独自に設定した閾値(しきいち)を超えた場合のアラート発信
  3. サービス利用料(税抜)
    1. (1)導入初期費用
      1. Envitalシステム設定費用 100,000円/事業所(参考費用)
        ID数50(50人)迄の価格。50人を超える場合は別途ご相談ください。
      2. hitoeシャツ 10,000円/枚(参考価格)
    2. (2)月額利用料
      1. Envitalシステム利用料 5,000円/人(参考価格)
        スマートフォン用のアプリケーションを含みます。なお、トランスミッター経由で取得したバイタルデータをクラウドに送るために必要なスマートフォンは、別途ご用意頂く必要があります。また、対応するスマートフォンは、2017年3月時点ではAndroid端末のみとなります。
      2. hitoeトランスミッター01(レンタル) 2,000円/個(参考価格)
      3. 暑さ指数ウォッチャー(レンタル) 50,000円/WBGT値測定点4ヵ所(参考価格)
        WBGT値測定点4ヵ所の場合の価格です。設置場所が屋外の場合は、雨対策等別途工事費がかかります。また、別途インターネットに接続できるWindowsPC(Windows7、8、10)が1台必要となります。

      hitoeシャツ、hitoeトランスミッター01、暑さ指数ウォッチャー

      ※写真は試作品であり、実際に利用するウェアと異なる場合があります。

    3. (3)一つの事業所(50人が利用)に、WBGT値測定点4ヵ所として導入した場合の費用例
      1. 導入初期費用
        ・システム設定費用:100,000円
        ・hitoeシャツ(3枚/人と想定):1,500,000円
      2. 月額利用料
        ・400,000円(システム利用料、hitoeトランスミッター01、暑さ指数ウォッチャー)
  4. システム画面イメージ

    作業員スマホ画面、管理者閲覧画面

     

※1 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)
コンピュータなどの情報・通信機器だけでなく、世の中に存在するさまざまなモノに通信機能を持たせ、ネットワークに接続し相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うことです

※2 hitoe
機能素材”hitoe”は日本電信電話株式会社と東レ株式会社が開発した、着衣するだけで心拍数や心電波形を取得できる機能繊維素材であり、両社の登録商標です

※3 暑さ指数ウォッチャー
大林組が開発した作業現場内の複数箇所のWBGT(暑さ指数)を連続測定し、その情報を管理事務所で一元管理することができるシステム

建設現場で複数点のWBGT(暑さ指数)を連続測定・一括管理できる「暑さ指数ウォッチャー」を開発(2015.6.30付)

※4 WBGT(Wet-Bulb Globe Temperature:湿球黒球温度:℃)
熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なります。WBGT(暑さ指数)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい (1)湿度、 (2)日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、 (3)気温、の3つを取り入れた指標です

※5

S-8 温暖化影響評価・適応政策に関する総合的研究 2014報告書(国立環境研究所ウェブサイト)

以上

この件に関するお問い合わせ先
大林組 CSR室広報部広報第一課
TEL 03-5769-1014

プレスリリースに記載している情報は、発表時のものです。