プレスリリース

プレスリリーストップへ

最新記事を検索

株式会社大林組
エクセン株式会社
 

コンクリートの品質と打設作業の生産性を向上させる「かる楽バイブレータ」を開発

軽量化と自動化により作業員の負担を軽減し25%の省人化を実現

株式会社大林組(本社:東京都港区、社長:白石達)は、エクセン株式会社(本社:東京都港区、社長:林哲平)と共同で、バイブレータの振動体先端を特殊形状にすることでコンクリートの品質を向上させ、かつバイブレータの軽量化と起動・停止の自動化により生産性を大幅に向上させた「かる楽バイブレータ」を開発しました。

 

「かる楽バイブレータ」の特殊先端形状

「かる楽バイブレータ」の特殊先端形状

「かる楽バイブレータ」の特殊先端形状

 

バイブレータは、打設したコンクリートに振動を与えることで型枠内の隅々まで密実に充てんし、最適な締固めにより高品質なコンクリート構造物を構築するために使用する重要な機械です。バイブレータの先端部にある振動体は先端が半円球状になっていることから水平方向に加わる振動に比べて垂直(先端)方向に加わる振動が微弱であり、最適な締固めを行ううえでの課題でした。

 

また、流動性を高めたコンクリートを打設する場合などには、バイブレータを素早く動かし適切な位置に振動を与える必要がありますが、土木工事で使用する従来のバイブレータは非常に重いため、バイブレータを操作する作業員に大きな負担がかかっていました。さらには、締固め作業ではバイブレータを持つ作業員のほかに、後方でスイッチの操作とケーブルの処理をする作業員が必要となるなど、コンクリート打設作業には多くの労力を要していました。

 

今回開発した「かる楽バイブレータ」は、土木工事で使用する径50mmのバイブレータ振動体先端を特殊形状にすることにより、垂直方向に加わる振動を改善し、最適な締固めを行うことでコンクリートの品質向上を実現します。さらに、振動体の重量を大幅に軽量化することで作業員の負担を軽減し、コンクリートの流動性にかかわらず素早く適切な位置に振動を与えることが可能となりました。

 

また、「かる楽バイブレータ」とエクセンの既存商品であるオートマチックドライブシステム(以下 ADS)を併用することで、バイブレータの起動と停止を自動化できるため、スイッチを操作する作業員を削減することが可能です。

 

「かる楽バイブレータ」ADS併用時施工概要図

「かる楽バイブレータ」ADS併用時施工概要図(※ADSはエクセンの既存商品です)

 

今回開発した「かる楽バイブレータ」の特長は以下のとおりです。

 

  1. 振動体下方の振動伝播改善によるコンクリートの品質向上

    振動体の先端を特殊形状にすることにより、従来は微弱だった垂直方向への振動エネルギーを効率的に伝播させることができます。従来のバイブレータと比較すると、振動体下方の振動加速度が最大3倍となり、コンクリートに対しより強い振動が伝わることで最適な締固めを実現し、品質の向上に貢献します。コンクリート試験体を打設して実験したところ、振動体下方10cmの部分の圧縮強度が最大5%向上することを確認しました。

  2. 振動体の軽量化による作業負担の軽減

    径50mmの振動体の重量を40%軽量化(従来型4.5kg→新型2.7kg)しました。これにより、建築工事で主に使用する径40mmのバイブレータと同等の重量となり、土木工事においてバイブレータを持つ作業員の負担を大幅に軽減できます。バイブレータを素早く移動させることが容易になり、流動性を高めたコンクリートにも対応しやすくなります。

  3. ADSの併用により省人化を実現

    ADSは、振動体をコンクリートに挿入するとセンサーが働きバイブレータを自動起動し、振動体を引き抜くと自動停止するシステムです。センサーは、振動体から流れる人体に影響のない微弱電流を感知して起動・停止を切り替えます。バイブレータのケーブルが届く範囲内は十分に電流が届くため、ADSやセンサーを移動させることなく従来のバイブレータと同等の範囲で使用できます。また、コンクリート打設箇所の鉄筋などにセンサーを接続するだけで容易に設置することが可能です。

    ADSの併用により、バイブレータのスイッチを操作する作業員が不要となり、締固めに関わる人数を25%削減できます。機器の損料を考慮しても締固めにかかるコストは20%削減が可能です。

大林組は、「かる楽バイブレータ」を積極的に普及・展開し、土木工事におけるコンクリート構造物の品質と打設作業の生産性の向上を図ります。さらに、今後も生産性向上に寄与する技術の開発により省人化、省力化を図り、高い品質の構造物の建設を通じて良質な国土づくりに貢献してまいります。

 

以上

 

この件に関するお問い合わせ先
大林組 CSR室広報部広報第一課
TEL 03-5769-1014

エクセン 営業本部
TEL 03-3434-8455

 

プレスリリースに記載している情報は、発表時のものです。