サービスと技術

サービスと技術トップへ

ハイウェイテクノフェア2017に出展します

ハイウェイテクノフェア2017に出展します

 

出展テーマは「支える技術 啓(ひら)く未来 ~心をつなぐ みちづくり~」

11月21日(火)、22日(水)の2日間、東京ビッグサイトで「ハイウェイテクノフェア2017 -高速道路を支える最先端技術-」が開催されます。高速道路の建設・管理技術の普及や活用を推進するとともに、高速道路事業への理解を深めることを目的に行われています。14回目を迎える今回は、282社の企業が出展する予定で、高速道路に関する新技術・新工法などが展示されます。

大林組と大林道路は「支える技術 啓(ひら)く未来 ~心をつなぐ みちづくり~」をテーマに、トンネル建設や道路舗装、構造物の維持管理などの最新技術を紹介します。舗装や道路付帯設備の洗浄剤「キレイザー」や、超高強度繊維補強コンクリート「スリムクリート」をプレキャスト床版の継手に活用する「スリムファスナー」などのプレゼンテーションも行います。皆様のご来場をお待ちしております。

 

■パネル展示

橋梁用ブレーキダンパー

橋梁用ブレーキダンパー

地震時に摩擦力で構造物の揺れを抑える制振システム。橋梁に取り付けるだけで耐震補強できます。

ハイスペックマイクロパイル工法

ハイスペックマイクロパイル工法

既設構造物の基礎を耐震補強する小口径合成鋼管杭工法です。ボーリングマシンを用いて二重管削孔(さっこう)し、汎用的な鋼管を建て込んだ後にグラウトを充てんして、地盤中に鋼管を定着させます。

舗装の洗浄剤「キレイザー」

舗装の洗浄剤「キレイザー」

舗装や道路付帯設備の汚れに効果のある洗浄剤です。界面活性剤の作用により、汚れを浮き上がらせます。

スリムファスナー

スリムファスナー

常温硬化型の超高強度繊維補強コンクリート「スリムクリート」をプレキャスト床板の継手に採用した工法です。

施工から維持管理へ向けたICTの活用

施工から維持管理へ向けたICTの活用

建設業務へのICT活用により、計画から施工・検査、維持管理までをCIMの3次元データでつなぎ、プロセス全体の最適化を図ります。

省エネシールド(大断面シールドの消費電力低減と高速施工)

省エネシールド(大断面シールドの消費電力低減と高速施工)

シールド機の前面に位置するカッターヘッドの内周部と外周部を別々に回転させる二重カッター方式のマシンです。

アイストッパーR

アイストッパーR

ゴム粒子を使用した物理系凍結抑制舗装の一種です。ゴム粒子の弾力で雪氷を破砕し、路面凍結を抑制します。

路面点滅誘導灯

路面点滅誘導灯

工事中の交通規制の際、ドライバー視線で自然な車線変更を促すことが可能な路面誘導灯です。誘導速度に合わせて点滅します。

 

■プレゼンテーションスケジュール ※スケジュールは変更になる場合がございます

 

11月21日(火)

時間 プレゼンテーション内容

10:45

 舗装の洗浄剤「キレイザー」

11:30

 プレキャスト床版の接合工法「スリムファスナー

13:15

 舗装の洗浄剤「キレイザー」

14:15

 【特別プレゼン】
 最近のICT技術の動向と大林組の対応について               

15:15

 舗装の洗浄剤「キレイザー」

16:15

 プレキャスト床版の接合工法「スリムファスナー

11月22日(水)

時間 プレゼンテーション内容

10:45

 プレキャスト床版の接合工法「スリムファスナー

11:30

 舗装の洗浄剤「キレイザー」

13:15

 プレキャスト床版の接合工法「スリムファスナー

14:15

 【特別プレゼン】
 粗面型ゴム粒子入り凍結抑制舗装「アイストッパ―R」                

15:15

 プレキャスト床版の接合工法「スリムファスナー

16:15

 舗装の洗浄剤「キレイザー」

 

■ハイウェイテクノフェア2017 -高速道路を支える最先端技術-

期間  2017年11月21日(火)、22日(水) 10:00~17:00
場所  東京国際展示場(東京ビッグサイト東7・8ホール)
            ※大林組グループ展示ブースは東7ホール B-1です
主催  公益財団法人高速道路調査会
共催  NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本
後援  公益社団法人土木学会、公益社団法人地盤工学会、
            公益社団法人プレストレストコンクリート工学会

詳細は主催者ウェブサイトをご覧ください。

ハイウェイテクノフェア2017

 

 

 

最新情報