サービスと技術

サービスと技術トップへ

BIM(Building Information Modeling)

建築情報を統合化した「BIM」の活用を推進

BIM(Building Information Modeling)は、従来のような2次元の建物の図面情報だけでなく、使用材料や性能などの仕様情報も加えた3次元の建物モデルをコンピュータ上で構築し「見える化」するものです。

BIMの情報統合イメージ

BIMの情報統合イメージ

「見える化」による早期合意形成

3次元の建物モデルを活用することで、計画から設計、施工管理、維持管理までのすべてのプロセスや完成した姿が分かりやすくイメージできます。これにより関係者間の情報共有と相互理解を促進し、プロジェクトの早い段階からお客様、設計者、施工者との合意形成が可能となります。

「見える化」による品質管理の向上

意匠、構造、設備が統合されたBIMを活用することで、施工前に干渉チェックなどのシミュレーションが可能となり、整合性を確保できるので、スムーズな工事の進行と品質確保につなげることができます。

建物情報の一元化による容易な維持管理

BIMでは、建物情報が一元的に統合されています。モデルを利用したレイアウト変更検討や修繕計画の立案に活用できるだけでなく、工事履歴や更新履歴、また備品情報なども付加していくことで、これまで煩雑であった建物管理がより容易に行えるようになります。


最新情報