サービスと技術

サービスと技術トップへ

技術

柱・梁接合部のプレキャスト化工法

LRV(エルアールブイ)工法

RC造建物の工期を大幅に短縮。特長はスピードと品質です

柱や梁の部材を完全にPCa(プレキャスト・コンクリート)*化し、現場でのコンクリート打設をなくして超短工期施工を実現する工法です。梁と接合部を一体化したLRビームと、柱のPCa部材であるVコラムで構成され、工場製作したものを現場で一体化します。複雑な配筋作業や仕口部のPCa化を工場で行うので、高い品質を確保できます。

*PCa(プレキャスト・コンクリート)・・あらかじめ工場で製作したコンクリート製品

1 プレキャスト化で工期を大幅に短縮できます
  • 柱や梁の部材を先行して構築できるので、工期を大幅に短縮できます。
  • 30階建て超高層建物の場合、躯体工期を2~2.5ヵ月短縮できます。
2 工場製作なので品質が向上します
  • 複雑な配筋作業をすべて工場で行うので、現場での施工性が向上します。
  • 作業環境の安定した工場製作のため、構造体は高い品質を保つことができます。
3 寸法が縮小し、重量を軽減できます
  • タイル打ち込みなどの仕上げをすべて工場で行うため、増打ちが不要となります。
  • 増打ちによるPCa寸法の増大がなく、部材寸法を最小化して重量を軽減できます。

イオンレイクタウン(商業施設)

接合部をグラウトで埋めて一体化します

従来の工法では複雑な配筋作業を現場で行い、コンクリートを打設して造ります

工場製作した梁と柱を現場で組み立てます


最新情報