サービスと技術

サービスと技術トップへ

技術

地震後の建物の損傷度合いを検知

構造ヘルスモニタリングシステム

揺れやひずみ等のデータを無線通信で収集できます

建物内に設置したセンサーによって、地震後にビルの揺れ具合やひずみ等のデータを収集し、異常箇所を迅速に検知できるシステムです。大林組の損傷検出・解析技術、日本電気株式会社(NEC)の無線通信と情報収集アプリケーション構築技術、ジャストのセンサー技術を合わせて共同開発しました。
鉄筋コンクリート造の建物が対象で、安価なセンサーの開発や無線ネットワークの採用などにより、導入コストを従来の10分の1に低減できます。

 

地震後の建物の損傷度合いを検知する安価な構造ヘルスモニタリングシステムを開発

 

1 地震後、迅速に建物の損傷度合いを確認できます
  • コンクリートがひび割れたときに発生する音を検出するとともに、建物の揺れの周期と大きさを組み合わせて評価することで、損傷度合いを判定する仕組みになっています。建物内に設置した多数のセンサーからの情報を、「危険」「注意」「安全」の3段階で表示することにより、建物の損傷を迅速かつ確実に検知します。揺れの小さい地震時にも有効です。
2 無線ネットワークを利用するため設置が容易です
  • 大きさが6cm×10cm、厚さ1.5cmの超小型サイズのセンサーを建物規模に応じて数十個設置し、データの通信には、少ないデータ量を扱う簡便な無線規格ZigBeeを採用しました。スペースをとらない小さなセンサと無線のネットワークを利用するため設置が簡単で、後付けも可能です。消費電力が少ないので電池駆動も可能です。
3 導入コストを10分の1以下に低減できます
  • 開発したセンサは内蔵する演算装置(CPU)でデータを処理します。従来の処理に比べて簡易な演算で損傷度合いを判定します。データの送信には安価な無線モジュールを使います。設置に要する工事費も従来の有線システムに比べて大幅に低減されるため、システム全体の構築コストは、従来に比べ10分の1以下に低減できます。

 

NEC玉川事業場60号館やジャスト本社ビルに設置しモニタリング実証試験を開始しました

 

商用提供の開始に向け、さらなる機能拡充と性能強化を進めます

NEC玉川事業場60号館やジャスト本社ビルに構造ヘルスモニタリングシステム設置し、モニタリング実証試験を開始しました。今後、実証実験データをもとにシステムの効果・有効性を確認し、商用提供開始に向けてさらなる機能拡充や性能強化を進めます。一般の建物だけでなく、学校や病院のような防災拠点、橋梁や道路、ライフライン、原子力施設など、重要構造物への敷設も提案していく予定です。

 

印刷用(PDF)

 

最新情報