アクティブライフデザイン01 一人ひとりの健康を見守る

心拍数や作業環境状況を一元管理し作業員の体調を管理する

一人ひとりの体力やその日の行動、作業環境などに応じた体調管理が必要です。そこで、あらゆる人のバイタルデータと作業環境の暑さ情報を収集・一元管理し、危険を知らせるシステムの構築に取り組んでいます。まずは、夏場の作業環境が非常に厳しい建設現場に向けて、作業員を見守るための技術を開発しました。

作業員向け安全管理システム Envital(エンバイタル)

作業員の体力はそれぞれ異なり、また体調は作業環境とともに随時変化しています。大林組では、IoTクラウドサービスを介して作業員の体調管理を目的とした対策が円滑に行える現場の環境づくりを支援します。Envitalは、NTTコミュニケーションズ(株)と共同で取り組んでいるシステム。hitoe®(※)などのウェアラブルセンサーを着用するだけで各作業員の心拍などのバイタルデータを取得でき、さらに「暑さ指数ウォッチャー」で各作業現場のWBGT値(環境データ)を計測することにより、一人ひとりの体調を管理し、安全な労働環境を確保します。
なお、Envitalは医療機器ではなく、いかなる病気の診察や治療、回復、予防も目的としていません。

※日本電信電話(株)と東レ(株)が開発した機能繊維素材

■作業中のバイタルデータと環境データを長時間継続してモニタリング
■複数の作業員と作業環境を同時にモニタリング
■バイタルデータと環境データを解析し、リアルタイムにアラートを通知

バイタルデータ(心拍数など) ウェアラブルセンサーhitoe
暑さ指数連続測定・一括管理システム 暑さ指数ウォッチャー

建設現場内の複数箇所のWBGT(暑さ指数)を連続的に測定し、その情報を工事事務所で一元管理。メールで作業員などに迅速に通知・注意喚起することで、安全管理を効率的に行うことができます。高機能なWBGT計のコンパクト化と低価格化を実現し、より身近なツールにします。

■着衣状況や作業強度などの与条件に応じたWBGT基準値を自動設定
■有効な管理機能を多数保有
■独自の無線ネットワークを構築(最大200台、通信料もWiFiも不要)