ページの先頭です
メニューを読まずに本文へ移動します

研究施設

  • 本館 テクノステーション
  • オープンラボ 1
  • オープンラボ 2
  • オープンラボ 2
  • 多目的人工気象再現室
  • 振動体験装置
  • 特殊コン対応型モバイルプラント
  • ダイナミックス実験棟
  • 三次元振動台
  • 遠心模型実験装置
  • 大型三軸試験装置
  • 岩盤多機能試験装置
  • 環境工学実験棟
  • 多目的風洞施設
  • 音響実験施設
  • 構造実験棟
  • 火災工学実験棟
  • 電磁環境実験棟
  • 技研雑木林
  • 材料化学実験棟

社会に安全・安心をお届けするために

皆様が安心して快適に暮らせる社会を実現するため、大林組は常に新しい技術の開発に挑戦しています。技術研究所には、その新技術を実証するためのさまざまな実験施設があります。

本館 テクノステーション

本館 テクノステーション
技術研究所の中核施設です。

最先端の環境配慮、最先端の安全安心、最先端の研究環境の3つをコンセプトに掲げています。最高水準の省エネの達成や世界初のスーパーアクティブ制震「ラピュタ2D」の採用、知的生産性向上をめざしたワンルーム型ワークプレイスなど、大林組が培ってきた技術の結晶です。

The main building of the Technical Research Institute is designed with state-of-the-art technologies developed by Obayashi Corporation, such as innovative systems to minimize environmental impact and the world's first Super Active Base Isolation System for the highest level of structural safety. The building is also designed to bring researchers together in one workplace which enhances their creativity and productivity.

  • ページトップへ

材料化学実験棟

材料化学実験棟
新たな材料技術や環境技術を開発します。

さまざまな物質を化学的に分析し、無害で高品質な材料技術の開発や、土壌・水質浄化など環境を保全し、向上させる技術の開発を行います。

In this laboratory we chemically analyze a wide variety of materials in order to develop new construction material technologies for high quality harmless products and environmental technologies, such as soil and water remediation, which preserve and enhance environmental quality.

  • ページトップへ

オープンラボ 1

オープンラボ 1
最先端のスケルトン・インフィル型実験施設です。

自由度の高い空間設計により、さまざまな実験をフレキシブルに実施できる多目的実験スペースや、液状化現象など地震時の地盤の動きを再現できる地盤の動的実験用大型震動台などを備え、時代とともに変化するお客様や社会のニーズに柔軟に対応します。

The main concept of the Multipurpose Laboratory is skeleton-infill building. By using the space flexible,we will respond to the changes of the social demands quickly.
Large scale geotechnical shaking table, which can simulate the ground response during earthquake such as liquefaction, is also equipped.

  • ページトップへ

オープンラボ 2

オープンラボ 2
技術の見える化や疑似体験で「魅せる」実験空間です。

グリーンイノベーション分野(省CO2、省資源、再生可能エネルギー)と、さまざまな地域に対応するグローバル化関連分野に取り組み、時代の変化に柔軟に対応する実験施設です。

Multipurpose Laboratory 2 responds flexible to the changes of the society, through Green Innovation (reduction of CO2 emissions, saving natural resources and developing renewable energies) and Globalization.

  • ページトップへ
多目的人工気象再現室   Multipurpose artificial meteorological simulation chamber
多目的人工気象再現室
世界各地の気象を再現します。

環境対応材料の研究開発や耐久性に関する実験を行います。2つの部屋で構成され、高温・低温・降雨・降雪・日射・風の6種の気象条件を組み合わせて、世界各地のさまざまな気象条件を再現します。

This chamber simulates the world’s various meteorological conditions for research and development regarding materials that are durable in severe environments. The chamber consists of two sub-chambers. The following six types of climate condition will be combined and applied: high temperature, low temperature, rain, snowfall, solar radiation, and wind.

  • ページトップへ
振動体験装置  Vibration experience equipment
振動体験装置
地震時の揺れや制振・免震効果を体験できます。

スーパーアクティブ制震「ラピュタ2D」をはじめ、各種制振・免震技術を採用した建物の地震時の揺れや、超高層ビルでの地震、風揺れなどを再現します。実際に揺れを体験することにより、めざす制振・免震レベルについて、関係者間での合意形成を図ります。

The seismic vibration of buildings with various vibration control technologies and base isolation technologies including Super Active Base Isolation System "Laputa 2D," and the seismic and wind vibration of super high-rise buildings will be reproduced. It will create an opportunity for project participants to share the tolerance level of vibration.

  • ページトップへ
三次元振動台
特殊コン対応型モバイルプラント
特殊なコンクリートを、正確に、どこでも製造できます。

練り混ぜ性能が高いミキサーを搭載する移動可能なコンクリート製造プラントです。特殊な材料や配合のコンクリートの実規模試験体を製作します。

Movable concrete mixing plant equipped with high performance mixer which produces full-size specimen using special concrete with various materials and different mixing proportion.

  • ページトップへ

ダイナミックス実験棟

三次元振動台
三次元振動台
  • ムービーを見る
国内最大レベルの三次元振動台です。

50トンの大型試験体を載せて微小地震から阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)の2倍相当の震動まで、高精度に三次元の加振を実現します。

This is one of the highest-performance tri-axial shaking tables in Japan. With a large-size test model weighing up to 50 tons, the table accurately generates tri-axial vibrations from micro-earthquakes to those twice as large as the Hyogo-ken Nanbu Earthquake in 1995.

  • ページトップへ
遠心模型実験装置
遠心模型実験装置
  • ムービーを見る
世界最大の地盤工学および地震工学用実験装置です。

大型の地盤を再現し、巨大地震や任意の外力を載荷することで、実物と同様の強度・変形・水理特性が正確に把握できます。

This is one of the largest centrifuges in the world for the geotechnical engineering purposes. With this apparatus, we precisely determine the strength, deformation, and hydraulic phenomena equivalent to those of real ground, by reproducing earth pressure and the external forces of a great earthquake or any other activities on the scaled model.

  • ページトップへ
大型三軸試験装置
大型三軸試験装置
自然地盤の応力状態を再現します。

埋め立てや盛土に使用される粒径の大きな土質材料の静的および動的な試験を実施できます。地盤の静的な強度・変形特性や地震時の液状化および動的変形特性を求めます。

This testing apparatus simulates stress status of natural ground. Large grain size gravel, which is common earth material for reclamation, embankment, etc. applies to this apparatus. Both dynamic and static properties, such as strength, deformation, liquefaction, etc. are investigated.

  • ページトップへ
岩盤多機能試験装置
岩盤多機能試験装置
破壊・浸透メカニズムを解明します。

亀裂性岩盤の強度特性、透水性などを大型供試体を用いて把握できます。

With this apparatus we investigate the rock mass characteristics such as strength, deformability and permeability by using large-sized jointed rock blocks. And we predict the behavior of rock structures by using physical models of underground caverns.

  • ページトップへ

環境工学実験棟

多目的風洞施設
多目的風洞施設
  • ムービーを見る
風の影響を事前に予測し、防ぎます。

都市の中に高層ビルを建てたときに周囲に及ぼす風の影響や高層ビル自身が受ける風の影響を調べるために使用します。 写真の測定部は3m×3mの内空断面で、最大風速40m/秒の業界最大級の施設です。

With the wind tunnel we investigate the wind environment around high-rise buildings in urban areas and wind effects on structures. The photograph shows the inner section with dimensions of 3 m in width, 3 m in height where models experience a maximum wind velocity of 40 m per second. This is one of the largest facilities in the general contract industry in Japan.

  • ページトップへ
音響実験施設
音響実験施設
快適な暮らしのために音環境を考えます。

無響室は壁、床、天井が厚さ80cmのくさび形グラスウールから出来ています。音響伝播などの解析結果の評価などに使用します。

The walls, floor and ceiling of the anechoic room have the sound absorptive finish that prevents the sound reflection. In this room we conduct a scale model experiment for noise control and so on.

  • ページトップへ

構造実験棟

構造実験棟
実大モデルで構造性能を確認します。

建築・土木構造物などの実大モデルを使った性能確認実験を行います。 棟内には高さ12m、幅10m、最大載荷能力2万4,000kNの大反力壁があります。多目的試験装置、短柱試験機、アクチュエータを利用して、制振装置の性能試験や鉄骨梁などの構造性能実験を行います。

This laboratory is used for experiments to verify the performance of buildings, bridges and other civil engineering structures, by using large-sized models. The laboratory incorporates two huge reaction walls with dimensions of 12 m in height and 10 m in width and a maximum lateral loading capacity of 24,000 kN. In addition, with the multi-purpose test equipment and the bi-axial loading test equipment, we investigate structural performance of our vibration-control systems and various kinds of structures.

  • ページトップへ

火災工学実験棟

火災工学実験棟
  • ムービーを見る
国内で最新の設備を備えた火災安全に関する実験施設です。

各種の実験装置を活用して建築物および土木構造物の総合的な火災安全性を確保します。得られた実験データを基に、新構工法の開発、性能耐火設計技術向上による高いコストパフォーマンスの追求、大深度地下空間などの安全性向上をめざします。

Fire testing facilities to secure comprehensive safety against fire in buildings and civil engineering structures. Based on the test results, we develop new fireproof constructions and advance our performance-based fire safety design techniques. Our aim is also to improve fire safety in deep underground spaces, etc.

  • ページトップへ

電磁環境実験棟

電磁環境実験棟
  • ムービーを見る
電磁波とともに暮らすための環境を考えます。

携帯電話や無線LANなどを対象とした、建築を取り巻く電磁環境を改善するための開発を行います。電磁波を遮蔽(しゃへい)・吸収する材料の評価などに使用します。

This is a facility for research of electromagnetic wave. We evaluate performance of materials in shielding or absorbing electromagnetic wave to control electromagnetic environment which is created by cell phones, wireless LAN, etc.

  • ページトップへ

技研雑木林

技研雑木林
キンランが咲く武蔵野の林です。

技術研究所設置当初から構内に約1.8ヘクタールの雑木林があります。林内には国内貴重種キンラン、ギンランなどが多数生育しています。「生物多様性保全につながる企業のみどり100選」に認定されました。

There has been a preserved wood of about 1.8 hectares in the Technical Research Institute since its establishment. Many species of plant life grow in the wood, including vulnerable wild orchids (Cephalanthera falcate and Cephalanthera erecta).