実績の紹介

実績の紹介トップへ

竣工物件検索

フリーワード検索
(建造物名、地名、人名など)

竣工作品

武庫川女子大学「甲子園会館」

教育施設
この周辺の物件を探す

武庫川女子大学「甲子園会館」

1930(昭和5)年に「甲子園ホテル」として建設されたこの建物は、フランク・ロイド・ライトの愛弟子である遠藤新氏が設計し、「西の帝国ホテル」として地域に愛され続けてきました。1991(平成3)年に外装を中心に保存修復し、2006(平成18)年には小型ブロックを用いた耐震壁の増設や、炭素繊維による煙突の補強、庇鼻先石材のピン打ちなど、最新の補強技術で耐震改修しました。左右両翼の全体構成から装飾的な細部に至るまで、近代建築の傑作を完全な姿で残す歴史遺産です。

所在:
兵庫県西宮市
発注:
武庫川学院
設計:
遠藤新(1930年新築時)
大林組(1990年以降改修時)
竣工:
2006年02月