タイ大林がタイ国で開発事業を始動

プレスリリース

バンコック都心部で土地所有権を取得し、オフィスビルを建設します

株式会社大林組(本社:東京都港区、社長:蓮輪賢治)のグループ会社であるタイ大林(本社:タイ バンコック、社長:ソンポン・チンタウォンワニッチ)は、タイ国で開発事業に参入します。同国バンコック都内に約7,000m²の土地を取得し、2021年中の完成をめざし、オフィスを主体としたビルを建設する予定です。

取得した土地は、バンコック都心部に位置し、主要交通機関の一つである高架鉄道BTSの駅に直結する好立地にあります。

現在、バンコックにおける賃貸オフィス空室率は、経済成長に伴い堅調に伸びるオフィス需要により低下傾向にあり、都心部においては新規オフィスビルの供給予定も少ない状況です。とりわけ1フロア当たりの面積が広く、交通アクセスの良い大規模オフィスについては需給のひっ迫が見込まれます。タイ大林は、これまで建設事業で培ってきた技術、ノウハウを用い、好立地を活かしたハイグレードビルを建設し賃貸事業を行う予定です。

当該ビルの延床面積は約8万5,000m²を予定しており、完成すれば大林組グループが単独所有する最大の賃貸物件となります。さらに現在、大林組が日本国内で実証を進める、IoT・AIを活用のうえ環境のみならずウェルネスの観点からもさまざまなサービスを提供する新たなビルマネジメントシステムの導入を検討し、バンコックでは希少なスマートビルをめざします。

なお、本事業にかかる投資額は約300億円を見込んでいます。

土地所在地 バンコック都クーロントゥーイ区
土地面積 約7,000m²
建物概要(予定) 延床面積: 約8万5,000m²
貸室面積: 約4万m²
規模: 地上29階、地下4階

タイ大林は、本件を皮切りに今後も開発事業への取り組みを強化し、親会社である大林組と同じく事業領域の深化・拡大を図ることで、ASEAN諸国の中で2番目の経済規模を有し、安定的な経済発展を続けるタイ国において、着実な成長をめざしていきます。

建物計画(イメージ図)

建物計画(イメージ図)

以上

この件に関するお問い合わせ先
大林組 CSR室広報部広報第一課
TEL 03-5769-1014

プレスリリースに記載している情報は、発表時のものです。