時をつくるこころで創る 大林組 RECRUIT SITE

menu
トップページ/海外事業を知る/世界で活躍する大林組

海外事業を知る GLOBAL

世界で活躍する大林組

大林組の海外事業について

大林組は1964年のタイ事務所開設以来、50年以上にわたって海外展開を進めており、世界各国で社会インフラの整備に貢献してきました。現在は北米、アジア、オセアニア、中東などの地域において高い技術力を必要とするプロジェクトに数多く参画しています。

海外事業売上高は年々増加しており、大林組グループの重要な収益源の一つとなっています。中期経営計画においては、建設事業のさらなるグローバル展開と、海外各拠点における収益基盤の多様化を支える事業基盤の強化と組織の構築を図ることとしています。これに伴い、海外で即戦力となるグローバル人材を育成するため、語学・マネジメントなどの集合研修、eラーニング、海外子会社との人材交流などを海外赴任前に実施しています。

グラフ)地域別売上高構成比 - 全体[2017年度:19,006億円]のうち、北米[3,297億円、全体の17.3%]、アジア[1,281億円、全体の6.7%]、その他[43億円、全体の0.2%]、日本国内[14,385億円、全体の75.8%]
グラフ)海外事業売上高推移 - 2013年度:2,999億円、2014年度:4,034億円、2015年度:4,120億円、2016年度:4,521億円、2017年度4,621億円

海外プロジェクト紹介

  • カタール
    ムシュレブダウンタウン ドーハ
    プロジェクト第3期工事
    ドーハ市中心部の旧市街地再開発。第3期はオフィス、集合住宅、ホテル、商業施設、モスクなどを建設するプロジェクト
  • ニュージーランド
    ウォータービューコネクショントンネルおよび
    グレートノースロードインターチェンジ建設工事
    全長48kmにおよぶ高速道路を構築するニュージーランド最大の道路建設プロジェクト。大林組工区は、大口径シールドトンネルやインターチェンジを含む最大規模の工区
    このプロジェクトの社員を知る