時をつくるこころで創る 大林組 RECRUIT SITE

menu
トップページ/社員を知る/事務:営業 亀岡 信二

社員を知る PERSON

社員を知るトップへ

大林組で働く社員を紹介

建設業界を牽引し続けてきた大林組のDNAを絶やすことなく、社会に貢献していきたい。

職種: 事務職 担当業務: 営業 東京本店 建築事業部 営業第三部 主任(取材当時) 亀岡 信二 2006年入社 経済学部 経済学科 卒

仕事内容

営業マンとして、お客様がどのような建物を必要としているのか、ニーズを聞き出し、社内のプロフェッショナルたちと協力して最適な提案を創り上げていく仕事です。プロジェクトを形にしていくためには、営業マンが会社の顔としてお客様に信頼され、良好な人間関係を構築することが必要不可欠です。それが営業の生命線であると思います。信頼を勝ち取り、プロジェクトに関わる有力な情報を引き出すことができれば、社内関連部門の士気も上がり、メンバーの皆が一丸となって取り組むことで、お客様の期待以上のものを創ることができます。

入社動機

大学入学までは建設業に全く無縁で、建物に関する知識もありませんでした。ただ、大学時代に渡米し、ゴールデンゲートブリッジを自転車で渡った経験があり、建築物の歴史や橋そのもののスケールの大きさに自然と引かれました。 その影響で帰国後は自ずと建設業を中心に就職活動をしていました。その中でOB訪問を重ねるうちに、学生である自分に対しても対等な視点で話をしてくれる社風を肌で感じ、自分もこの会社で働きたいと思い、入社を決めました。

仕事のやりがい

大林組の顔である営業部に所属する者として、「人とのつながり」は大切であると認識しています。プロジェクトの大小にかかわらず、良い仕事を成し遂げることは、一人、一部門だけの力では到底不可能です。そこには、さまざまな部門の社員、さらには社外の方の経験・知識・技術が必要となります。特に建設業は、唯一無二のものを造り、多くの人と関わり、プロジェクトを遂行していきます。その分、大変なことも多いですが、成し遂げた時には非常に大きな達成感が得られます。それが魅力であり、やりがいを感じる時だと思います。

これからの夢、目標

建設業の営業部門に所属をしているからには、社会に大きな影響を与えられる仕事をしたいという気持ちを強く持っています。さまざまな仕事がある中で、業種や業種によってそれぞれ違った喜びや醍醐味があるかと思います。建設業の醍醐味である、時代のニーズに合わせた「人・もの」の流れづくりや、空間・土地の価値を高めていけるような「価値ある仕事」に、一つでも多く携わっていくことが私のめざす目標であり夢です。

キャリアステップ

1〜2年目
東京建築事業部事業部長室勤務。顧客へ提出する見積書の取りまとめなどの営業支援業務を担当
2〜4年目
東京本社総務部庶務課にて本社ビル内の施設や備品全般の管理業務を担当
4〜9年目
東京本店生産事務センター勤務。鉄道工事現場やシールド工事現場の現場事務を担当
9年目〜現在
東京本店建築事業部営業第三部

ある1日の流れ

  • 7:50出社
  • 8:30部会
  • 10:00社内打ち合わせ
  • 11:00業者来訪
  • 11:40昼食
  • 13:00新規顧客への営業戦略会議
  • 14:00担当営業先(A社)往訪
  • 15:00担当営業先(B社)往訪
  • 17:00現場定例会議出席
  • 18:00お客様との会食
  • 21:00帰宅

オフの過ごし方

入社以来、社会人クラブのラグビーチームに所属しています。週末はもっぱら練習に明け暮れることが多いです。所属チームは、社会人・学生を問わず約40人が所属しており、「クラブラグビー日本一」の栄冠をめざして活動しています。

他の社員を知る