時をつくるこころで創る 大林組 RECRUIT SITE

menu
トップページ/社員を知る/土木:設計 森 麻里子

社員を知る PERSON

社員を知るトップへ

大林組で働く社員を紹介

働いている人がみな、とても魅力的。その思いは、入社後も変わらないまま。

職種: 土木職 担当業務: 設計 本社 土木本部 生産技術本部 設計第一部(取材当時) 森 麻里子 2012年入社 工学系研究科 社会基盤学専攻 修了

仕事内容

鉄筋コンクリート構造物の設計を主に行っています。プログラムを利用して計算を行い、その結果を基に構造物を設計したり、技術資料を作成したりといった業務です。一つのミスが設計計算結果を大きく左右するため、ミスなく正確な仕事をすることが重要です。業務を通じて土木工学的な基礎知識や準拠基準・設計手法などの知識を身に付けるために、こだわりを持って取り組んでいます。

入社動機

学生時代からものづくりに憧れて、「これは私が作ったんだ」と言えるものを将来に残せる仕事がしたいと常々思っていました。ものづくりの仕事に取り組んでいる会社の中でも、就職活動中にお会いした大林組の先輩方の話を聞いて、皆さんが誇りを持って、活き活きと仕事に臨んでいることが分かり、その仕事ぶりを聞きながらわくわくしていました。大林組は働いている人が皆、とても魅力的な会社だという思いを強くし、入社を決めました。

仕事のやりがい

現場では若手の職員でも一つの担当工種を任せられます。工程、品質、安全、コスト、工種間の調整と、多くのことを考えながら仕事を進めなければなりませんが、計画どおり円滑に工事を進められたときの嬉しさは格別です。また、ゼネコンでは一人でできる仕事は少なく、いろいろな立場の人が知恵を出し合い、打ち合わせを重ね、協力しながら、みんなで一つの目標に向かっています。力を合わせて初めてできる仕事だということも魅力です。

これからの夢、目標

入社してからお世話になった上司や先輩方は、各分野で専門的な技術を持つプロばかりで、自分の技術に誇りを持っています。今は多くの経験を積みながら、一日も早く彼ら・彼女らのようなプロの技術者になりたいと思っています。ゆくゆくは「あの仕事のことだったら森に相談しよう」と言われて頼られるような存在になりたいと思っています。具体的な将来の夢は、現場の所長になり、メンバーを束ねるリーダーとして現場を動かすことです。

キャリアステップ

1〜3年目
三重県にてトンネル工事現場の施工管理を担当
3年目〜現在
本社土木本部生産技術本部設計第一部

ある1日の流れ

  • 8:00出社、メールチェック
  • 8:30検討業務
  • 12:00昼食
  • 13:00部内会議出席
  • 14:00検討業務
  • 19:00退社

オフの過ごし方

休日はスポーツジムに行ったり、友人と食事を楽しんだりしています。また、職場の先輩たちとみんなでマラソン大会に出場する予定があり、最近は練習に励んでいます。スポーツ観戦も趣味ですので、時々試合観戦に行ったりもしています。

他の社員を知る