時をつくるこころで創る 大林組 RECRUIT SITE

menu
トップページ/社員を知る/建築:施工管理 佐藤 圭

社員を知る PERSON

社員を知るトップへ

大林組で働く社員を紹介

「自分がいつどこで、何を造る事になるのか?」そのわくわく感が仕事の面白さ。

職種: 建築職 担当業務: 施工管理 東京本店 帝京大学八王子工事事務所 副所長(取材当時) 佐藤 圭 1991年入社 工学部 建築工学科 卒

仕事内容

大学の新校舎建設工事において、お客様、設計事務所、近隣住民の方、行政機関など多岐にわたる関係者の窓口的存在となり、プロジェクトの骨格作りと方針作りを担っています。5年という長い工期の中、いかに無駄なく工事をこなすかを日々模索中。そのためのお客様・設計事務所との折衝が最も重要な任務です。大林組のブランドを保ちつつ、お客様から職人さんまで、すべての関係者が気持ちよく仕事できる事をめざしています。中でも特に重要な任務は、事務所の若手職員が前向きに仕事に取り組める雰囲気作りと実務教育(OJT)です。これを事務所メンバー全員の意識を統一しながら実践しています。

入社動機

大学の設計課題において自分の知識のなさがもどかしく、実際の建物がどのようにつくられるのかを自分の目で確認したいと考え、ゼネコンの施工管理を希望。大学時代は体育会ボート部で練習に明け暮れる生活。何気なくボート部のOB名簿を確認すると、大手5社の中で大林組だけ先輩が不在である事が分かり、自分がパイオニアになるという理由で選択しました。

仕事のやりがい

いざ工事が始まれば、さまざまな面から問題や課題は常時起こりますし、忙しい日が続くこともあります。それでも「上棟の日に、最後の梁が青空に上がって行く瞬間」に立ち会える感動や、竣工式の日には、お客様から「いい物をつくってくれてありがとう」と言っていただけるおかげで、すべての苦労や苦悩が無駄ではなかったと、報われた気持ちで胸がいっぱいになります。仕事をやってきて本当に良かったと思える、そんな「節目の日」に、言葉では言い表せないやりがいを感じます。

また、この仕事の必然として、社会の要請により自分がいつどこで何を造る事になるのか、そのわくわく感が面白く、日々その状況を楽しんでいます。毎日があっという間に過ぎて行くので、全く歳を取っている気がしません。都心の大きな仕事に携わっている事が多いのが現状ですが、今後は、仕事を通じて異文化の考え方や価値観をより多く吸収できるプロジェクトにも携わりたいです。もちろん家族と過ごす時間も大切であり、良い家庭人でもありたいと思っています。極端なことを言うと、自分が二人欲しいです(笑)。

キャリアステップ

1~4年目
大阪本店勤務。見積部、建築工務部、および府内2現場で施工管理を経験
5~8年目
現在の大林組本社が入居する品川インターシティ新築工事に従事
9~12年目
東京・丸の内の超高層ビル新築工事を担当。建築係長に就任。
13~19年目
首都圏で総合病院や食品工場、老人ホームなどの新築工事に従事
20~21年目
中野駅北口再開発エリアで学校施設新築工事に従事
22年目~現在
東京本店帝京大学八王子工事事務所

ある1日の流れ

  • 7:20出社、メールチェック
  • 7:45朝礼→現場巡視
  • 9:30定例打ち合わせ(お客様、設計、所内)、工事計画など
  • 11:30作業者間連絡調整打ち合わせ
  • 12:00昼食、昼寝
  • 13:00図面チェック、工事計画、設計者との打ち合わせなど
  • 15:00来客者対応など
  • 18:00工事班打ち合わせなど
  • 20:00退社(業務が残っていれば残業)

オフの過ごし方

休日はマラソン、登山、子どもの野球観戦のほか、最近あまりできていませんがトライアスロンなども楽しんでいます。仕事の疲れもそこそこに、ついつい体を酷使してしまいますが、気分的にもリフレッシュできればストレス解消にもなります。

他の社員を知る