時をつくるこころで創る 大林組 RECRUIT SITE

menu
トップページ/社員を知る/建築:生産設計 大野 七都子

社員を知る PERSON

社員を知るトップへ

大林組で働く社員を紹介

将来の目標になる女性の先輩たちが身近にいる環境のもとで、より良い答えを追求する。

職種: 建築職 担当業務: 生産設計 東京本店 建築事業部 生産設計部 主任(取材当時) 大野 七都子 2008年入社 工学研究科 建築学専攻 修了

仕事内容

現在は、美術館の生産設計業務(施工図の調整・ディテールの検討など)に携わっています。非常に複雑な形状の建物ですので、所長・工事長など施工管理のメンバーや、設計者とよく打ち合わせを重ね、直面する問題を一つひとつ解決しながら、業務を進めています。設計図だけでは、建物を造ることはできません。設計意図をくみ取り、かつ、必要な品質、コストや工程の制約を考慮しながら、設計図をより具体化・詳細化した施工図をまとめることを目標に、業務に当たっています。

入社動機

大学院在学時から、ゼネコンへの就職を希望していました。建物が出来上がっていく様子を間近で経験できる、建設現場での仕事に興味があったためです。ゼネコンの中でも大林組を志望した理由は、施工管理や生産支援の部門で多くの女性が活躍しているという印象を受けたからです。入社後も、その印象は変わりませんし、将来の目標になるような先輩が身近にいることで、私自身のモチベーションアップにもつながっています。

仕事のやりがい

建物の竣工を無事に迎えることは、一番の醍醐味だと思いますが、日々の業務の中にも、達成感や、仕事の魅力を感じることができます。仕事を進める上で、すべてが問題なくスムーズに進むということはほとんどありませんので、周囲の関係者と情報交換・打ち合わせを繰り返しながら、より良い答えにたどり着けたときは、とてもやりがいを感じることができます。また、建築に必要な知識はとても奥が深く、毎日が発見・勉強の連続だと感じています。このように、業務を通じ、自身の成長を感じることができる点も、この仕事の大きな魅力だと思います。

これからの夢、目標

夢というより、今後の目標になりますが、まずは現在担当している物件の施工図を、無事にまとめ上げることです。この物件は特徴的な建物であり、竣工後は地域のシンボルになるような建物です。こうしたプロジェクトに携わることができ、私自身も、建物の竣工を楽しみに仕事を進めています。まだまだ、経験不足・知識不足を感じる毎日ですので、今後も、業務を通じて多くのことを学び、責任感と自信を持ってさまざまな仕事にチャレンジしていきたいと思っています。

キャリアステップ

1〜2年目
若年教育期間(生産設計部、生産技術部、見積部、および東京都内の高層マンション現場)
3〜4年目
都内のマンション新築現場にて施工管理を担当
5年目~現在
東京本店建築事業部生産設計部

ある1日の流れ

  • 7:50出社、急用メールの処理
  • 8:30施工図の作図・チェックなど
  • 11:00協力会社との施工図打ち合わせ
  • 12:00昼休み
  • 13:00設計打ち合わせの資料作成・準備
  • 15:00現場定例会議・設計打ち合わせ
  • 18:00製作図(鉄骨や建具の詳細図)チェック・調整
  • 20:00退社(必要に応じて残業)

オフの過ごし方

社内外を問わず、多くの友人や先輩などの方々と一緒に、ゴルフや旅行に行くことがオフの楽しみ方としては多いと思います。アクティブに体を動かせば、それだけでリフレッシュできますし、一番の気分転換になっていると思います。

他の社員を知る