時をつくるこころで創る 大林組 RECRUIT SITE

menu
トップページ/社員を知る/建築:エンジニアリング 今井 孝

社員を知る PERSON

社員を知るトップへ

大林組で働く社員を紹介

時代を超えて、“信頼”を勝ち得てきた、大林組のプライドを胸に。

職種: 建築職 担当業務: エンジニアリング 本社 技術本部 エンジニアリング本部 生産施設計画技術部 主任(取材当時) 今井 孝 2008年入社 工学研究科 建築学専攻 修了

仕事内容

エンジニアリング部門は、医薬品工場や食品工場をはじめとする生産施設の基本計画から設計、調達、施工、生産機器の試運転立ち上げおよび検証までをトータルにコーディネートする部署です。建築系、機械系、化学系、電気電子系などのさまざまな分野のエンジニアが活躍するフィールドです。私が主に担当しているのは、生産施設案件の入札対応や基本計画など、建築の知識をベースに、生産工程に配慮した最適な生産施設を計画・提案する業務です。

入社動機

子どもの頃からいろいろなスタジアムに試合観戦に行き、そのたびに圧倒的なスケール感や一体感を生み出している空間に衝撃を受け、建築の道を志すようになりました。利用者にとって、使いやすく、暮らしやすく、また安全面でも質の高い建築空間を、社会に提案していきたいと思い、高い技術力で有名な大林組を志望しました。就職活動を進めていくにつれて、大林組はいつの時代でも数多くの高品質な建築物を造り出すことで、社会の信頼を勝ち得ているのだという思いを強くしていきました。

仕事のやりがい

総合建設業の強みである、スケールの大きな仕事に携われることが一番の魅力であり、やりがいを感じる点です。スケールの大きさゆえに苦しい思いをする場面もありますが、それを乗り越えて目標を達成したときには大きな充実感を得ることができます。大林組には困難に直面した際に、そっと手助けしてくれる上司や先輩、また、高い技術力や知識を持ったプロフェッショナルがたくさんいます。そういった方々と垣根なく一緒に仕事ができることも大きな魅力だと感じています。

これからの夢、目標

長い間多くの人々から愛着を持って利用してもらえるような、大きなプロジェクトに主力として携わることが目標です。そのためにも、日頃からさまざまな知識を吸収・習得するように心がけ、経験を積み上げていくとともに、今まで以上に自分の意見をしっかりと主張できるような存在になることが大事なのだと感じているところです。また、仕事とは別の話ですが、いつか自分にとっての「理想の家」を設計したいと思っています。

キャリアステップ

1~3年目
東京本社設計本部構造設計部にて集合住宅と事務所ビルの構造設計・工事監理業務を担当
3~5年目
名古屋支店構造設計部にて生産施設と病院の構造設計・工事監理業務を担当
5~6年目
本社設計本部構造設計部にて集合住宅の構造設計・工事監理業務を担当
7年目~現在
本社技術本部エンジニアリング本部生産施設計画技術部

ある1日の流れ

  • 8:30出社、メールチェック
  • 9:00グループ会議
  • 9:30生産施設のゾーニング・動線の検討
  • 11:00検討結果の部内打ち合わせ
  • 12:00昼食
  • 13:00部内打ち合わせの内容で資料を作成
  • 14:00設計部門との打ち合わせ
  • 15:00作成資料の修正・整理
  • 15:30上司への作業進捗状況の報告と今後の作業の整理
  • 16:30研究開発会議
  • 17:30退社(業務が残っていれば残業)

オフの過ごし方

家でじっとしていられない性格なので、晴れた日にはアウトドア(登山、スノーボードなど)やスポーツ(フットサルなど)を楽しんで過ごすことが多いです。また、ラーメン屋さんめぐりも趣味で、いろいろな店を訪ねる「開拓」も、学生時代から変わらず続けています。

他の社員を知る