時をつくるこころで創る 大林組 RECRUIT SITE

menu
トップページ/社員を知る/設備:設計 永田 太陽

社員を知る PERSON

社員を知るトップへ

大林組で働く社員を紹介

目標を立て、日々前進する。その努力の中で、国内外で活躍できる人材になりたい。

職種: 設備職 担当業務: 設計 本社 設計本部 設備設計部(取材当時) 永田 太陽 2012年入社 環境人間学研究科環境人間学専攻 修了

仕事内容

現在は、空調・衛生設備の設計業務を行っています。主に担当しているプロジェクトは二つです。一つは、都内の大学の設備全面改修の基本設計です。この物件では、工事全体の計画を立て、概算の工事費を算出するために必要な見積り図面を作成しています。ここで肝になるのが、できるだけ低コストで設備を更新することです。対象の建物は、新築時にデザインにこだわった建物であったため、設備スペースが無いなど、将来の更新工事のことに配慮されていませんでした。この建物の設備を環境にやさしいものにし、さらに低コストでの設備更新を実現することが必要とされています。もう一つは、都内の工事現場の工事監理業務です。発注者の要求を満たすよう検査をしながら、図面通りに現場が進捗しているかの確認を行っています。

入社動機

関西出身の私は、地元で大規模物件を多く施工している大林組を身近に感じていました。漠然とですが、大林組に入社して、高さも規模も技術も世界一の建物を造りたいとも思っていました。しかし、学生時代は、そんな建物を造る上で、自分がどの分野に向いているのか、そもそも施工管理や設計が具体的にどういうことをするのか理解できていなかったので、大林組のジョブローテーション制度は、それを学ぶ機会としてとても魅力的でした。また、就職活動で出会う先輩社員の人柄もよく、入社後の目標をイメージできたことも決め手でした。

仕事のやりがい

大きな案件では、壁にぶつかることも多く、トラブルや困難の連続です。しかしながら、このような仕事を前向きに取り組むことで、多くのことを学ぶことができます。さらに、経験を重ねるたびに自分の知らないことや課題もどんどん見えてきます。その課題を乗り越えるために工夫する必要があり、そのためには自分自身がスキルアップし続けなければなりません。ここにやりがいを感じています。また、業務はチームで進めるので、メンバーとのコミュニケーションを大切にしています。一人では成し得ないプロジェクトを完成させたときの喜びと達成感はとても大きなものです。

これからの夢、目標

さまざまな業務を経験した後は、海外子会社への出向や留学を経験したいと思っています。そして、海外でリニューアルの技術を学び、国内外の大型リニューアルプロジェクトを任せてもらえる人材になりたいと考えています。さらに、世界で学んだ技術を持って最終的には関西に戻り、地元の活性化に貢献したいと考えています。
入社以来心がけていることは「楽しむこと」です。楽しんだ方が確実に効率もよく、成長の実感も得られると思います。フットワーク軽く、思い悩まず行動できるよう、この先も日々前進し、努力していきます。

キャリアステップ

1年目
首都圏郊外で大型ショッピングモール新築工事の施工管理を担当
本社設計本部設備設計部にて設計業務を担当
2年目~5年目
首都圏郊外で大型ショッピングモール新築工事の施工管理を担当
首都圏近郊で宗教施設改修工事の施工管理を担当
5年目
本社設計本部設備設計部にて設計業務を担当

ある1日の流れ

  • 7:45出社、メールチェック、雑務
  • 8:30始業、図面チェック(施工図、施工要領書など)
  • 10:00社内打ち合わせ
  • 11:00社外打ち合わせの準備
  • 12:00昼食
  • 13:00外出(移動)
  • 14:00社外打ち合わせ(施主定例など)
  • 17:00帰社、メールチェック
  • 18:00資料作成(議事録など)
  • 19:00退社(業務が残っていれば残業)

オフの過ごし方

会社の同僚とフットサルを楽しむなど、外で体を動かすことで、リフレッシュしています。また、小さい娘と家族で公園や買い物に出かけるのも楽しみです。平日は忙しく、なかなか家族や娘と過ごす時間が限られるので、休日はたっぷり家族と一緒に過ごすようにしています。

他の社員を知る