Internet Explorerで本サイトを正しくご利用いただくには、下記の環境が必要です。
Internet Explorer 11.0以上 ※Internet Explorer 11.0以上をご利用の場合は、「Internet Explorerの互換表示」の無効化をお試しください。

おおばや氏とぼく
「森と生きる街」篇 (30秒)

おおばや氏とぼく「森と生きる街」篇 (30秒)

LOOP50
森と生きる街構想

LOOP50 「森と生きる街構想」

土地の7割が森林に覆われた国、日本。豊かな森林を保っていくために、木をあえて積極的に使っていくことで、新しい街のあり方を見出すことはできないか。大林組は、森林と共に生きる街「LOOP50」という構想に行き着きました。

森林に囲まれた巨大な街

未来の街、と言われて想像される景色は、科学技術によって生み出された新しい素材からなるものが多いのではないでしょうか。

そんな中、大林組はまったく異なる未来の街を構想しました。周囲を森林に囲まれた中山間地域に、森林から得た資源だけで街をつくり、エネルギーまでも循環させる自立した街をつくる。それが、「LOOP50」です。生活者1万5,000人を対象とし、純木造の高さ120mのだ円状の居住建物(ループ棟)とその中に位置するドーム型のエネルギーセンターで構成されます。

日本は国土の7割が森林に覆われているにもかかわらず、現在は木材輸入国として知られています。戦後、木を伐採しすぎたためにはげ山が目立つようになり、植林を進めたもののその成長を待つ間に外国の木材の輸入を始めたため、国産の木材の需要が低下。結果、森林は十分な手入れがなされず、荒廃してしまったのです。

資源を活用しながら手入れを行うことで、豊かな森林を保ちながら木の恩恵を受けることができないか。そう考えたのが、「LOOP50」の出発点でした。

2つの循環により実現する共生

LOOPという名の通り、この構想は大きく2つの循環によって支えられています。

一つは、森林の循環です。街の周辺の森林では、植林→間伐→伐採→植林という循環を適切に行います。伐採された木材は、主にループ棟の改築に使われます。ループ棟には開口部があり、そこに50年かけて成長した木を使って毎年1区画を増築。同時に、開口部の反対側にある建設して50年が経ち役目を終えた1区画を解体し、これを毎年繰り返します。

もう一つは、エネルギーの循環です。街のエネルギー源は、解体された廃材や製材時に出る端材、間伐材、木皮など。それらをバイオマスプラントで燃焼あるいはガス化などを行って生活のためのエネルギーをつくり、そこで発生したCO2は森林が光合成をするエネルギーとなります。このエネルギー循環が実現すれば、都市ガスを利用した場合と比べて年間1万2,000tものCO2を削減できる試算です。

脱炭素社会を目指す大きな流れがある一方で、あらゆる技術革新によってどこにいても仕事ができるようになってきた昨今。鳥のさえずりや木の香りにあふれた環境で働き、生きる。そんな未来をどこか近くに感じながら、大林組は今日も挑戦しています。

「LOOP50」建設構想
(季刊大林「LOOP50」建設構想)

詳しく見る
CLOSE

©OBAYASHI CORPORATION, All rights reserved.