プレスリリース

プレスリリーストップへ

最新記事を検索

太陽光発電所事業のプロジェクトファイナンスローン契約を締結

熊本県内最大規模の太陽光発電事業の資金を調達

株式会社大林クリーンエナジー(本社:東京都港区、社長:入矢桂史郎 株式会社大林組100%子会社)は、熊本県芦北町での大規模太陽光発電事業のために設立した特別目的会社(SPC)を通じて、本事業の発電所建設に必要な資金に関するプロジェクトファイナンス契約を、三菱東京UFJ銀行ほかの金融機関と2013年5月30日に締結しました。

 

本事業は、熊本県内最大規模の太陽光発電事業であり、芦北町の所有地約32.9ヘクタールを借地し、発電規模で約21.5MWの発電所を建設するものです。当施設の発電量は2,292万kWh(一般家庭約6,370戸分の年間使用量に相当)となる見通しです。「再生可能エネルギー特別措置法」(※1)に基づく電力受給契約により、2014年4月から20年間にわたって全量を九州電力株式会社に売電いたします。

 

今回のプロジェクトファイナンスでは、初期事業費の大半を占める約63億円を、主幹事である三菱東京UFJ銀行ほか、西日本シティ銀行、日本生命保険、百五銀行、佐賀銀行、肥後銀行、熊本中央信用金庫から調達いたします。

 

大林組では、これまで他社に先駆けて取り組んできたPFI事業においてプロジェクトファイナンスを積極的に導入し、資金調達ノウハウを蓄積してきましたが、このたび初めて再生可能エネルギー事業にもプロジェクトファイナンスを導入します。

 

 事業スキーム

 

大林組グループは、現在、2013年度末までに合計発電規模100MW(計画中も含む)を目標として、太陽光発電事業の事業化を進めておりますが、新たに、風力発電事業やバイオマス発電事業につきましても、事業化へ向けた計画を進めております。

 

これらの取り組みにも、プロジェクトファイナンスの活用も図りながら、太陽光発電事業をはじめとする、再生可能エネルギー事業全般のさらなる拡大を図ってまいります。

 

【熊本県葦北郡芦北町における太陽光発電事業の概要】

場所 :熊本県葦北郡芦北町内大字高岡字神平(矢城牧場跡地)
土地面積 :32万8,764m2
発電設備規模 :約21.5MW(モジュール容量)
完成予定 :2014年3月頃(2期事業)

【完成予想図】

完成予想図

 

【SPC概要】

商号 :OCE芦北メガソーラー株式会社
本店 :熊本県葦北郡芦北町
設立 :2012年11月9日
資本金 :10百万円
代表者 :入矢桂史郎

※1 再生可能エネルギー特別措置法
再生可能エネルギーからつくった電気を、国が定めた単価で一定期間電力会社が買い取ることを義務づける法律。

 

※2 EPC
設計・調達・建設(Engineering Procurement Construction)の略称。

 

 以上

 

この件に関するお問い合わせ先

大林組 CSR室広報部広報第一課
TEL 03-5769-1014
 

プレスリリースに記載している情報は、発表時のものです。