サービスと技術

サービスと技術トップへ

PFI事業

PFIへの取り組み

新たな産業としての「PFI事業」

拡大が見込まれるPFI市場において、最適な公共サービス提供の主要な担い手を目指します。

PFI事業

PFI(Private Finance Initiative)は、公共施設などの建設・運営・維持管理に、民間の資金と技術・ノウハウを活用することで、より効率的で質の高い公共サービスを実現する手法です。

PFIの導入メリット

  1. 施設のライフサイクルコスト(LCC)が縮減できる
  2. より効率的・効果的な公共サービスの提供が実現する
  3. 運営コストが削減される
  4. 財政支出の平準化を通じ、自治体財政の弾力化が図られる
  5. その結果、全体事業コストの低減、あるいは、同じコストでのより質の高いサービスの提供が可能になる

PFIシフトが公共建設市場にもたらす効果

新たな産業と見据え、ビジネスチャンスに挑戦

当社は、我が国におけるPFI法の施行前から、社内に専門委員会を設置してPFI事業の研究に着手してきました。スタジアム・オーストラリアやシドニーM2高速道路など、海外でのPFI事業の経験から、多くの実績とノウハウを蓄積しています。その後1999年9月のPFI法施行を受けて、同年12月にPFI推進部を設立しました。
今後ますます拡大が見込まれるPFI市場において、最適な公共サービス提供の主要な担い手として社会に貢献すべく、積極的にPFI事業に取り組んでいます。

実績(施設用途別)

 

最新情報