季刊大林 No.12

「海浜」

本号は、海浜(海岸)をテーマに、特にわが国にとって、かつて海岸とは何であったのか、さらに今日おける意味、また未来の在り方について探ってみた。
大阪築城400年を来年にひかえ、未来を志向する構想が様々に打ち出されようとしている大阪は、昔から海への進出と開発を続けてきた。本号のOBAYASHI IDEAでは、21世紀の大阪の姿として、旧海浜から離れた湾上に、巨大な緑の人工島と海上未来都市を計画「大阪ベイエリア構想」にチャレンジした。
(1982年発行)

OBAYASHI IDEA

大阪の21世紀を考える 大阪ベイエリア構想

構想:大林組プロジェクトチーム

全編を読む

歴史を彩った海浜

海辺の神々 エビスや竜神の話

牧田茂(白梅学園短大教授)

日本埋立論

小松左京(作家)

日本にとって海岸とは

浅田孝([談]計画家)

グラビア:「海浜」

「海辺」の文献101