山岳トンネル Mountain Tunnel

安全性と生産性向上に向けた統合システム

遠隔化・自動化施工への挑戦「OTISM(オーティズム)®︎」

大林組は、山岳トンネルの施工における生産性を飛躍的に向上させる山岳トンネル統合システム「OTISM(Obayashi Tunnel Integrated SysteM)」の構築に取り組んでいます。その第一歩として、トンネル覆工作業の省力化を図るコンクリート連続打設システムを開発するなど、安全性、品質、生産性の飛躍的な向上をめざしています。

Message for Future トンネルの未来を、
大林組が変えていく。

国土のおよそ7割が山地である日本では、山岳トンネルが重要なインフラを支えています。最先端の技術で人々の快適な生活を守り、同時に環境保全にも力を尽くすことが私たち大林組の使命です。
トンネル建設技術の発展は目覚ましく、ともすれば技術中心の施工に偏りがちですが、大林組は常に環境や建設に関わる人を第一に考えます。変化を追い求め成長し、人と自然とテクノロジーが調和する新時代のトンネル建設の実現をめざしています。

大林組土木本部 生産技術本部 トンネル技術部 部長

木梨 秀雄