1. ホーム
  2. 事業紹介
  3. 海外グリーンエネルギー
海外グリーンエネルギー

海外グリーンエネルギー地球規模の取り組みとしてグリーンエネルギーをつくる

つくる、
とどける
海外グリーンエネルギー
CO2などの温室効果ガスを削減することは、地球環境を保護することにつながります。脱炭素社会の実現は、世界各国で共通の脱炭素社会の目標の一つとして掲げられ、各国の政府や企業が新しいバリューチェーンの構築をめざして探求しています。

大林グループの海外グリーンエネルギー事業

中期経営計画2022の基本戦略「持続的成長のための事業ポートフォリオの拡充」に向け、政府戦略に沿った国内外での再生可能エネルギー発電事業・水素事業を進めています。

大林組はニュージーランドにおける水素の先行者として認知されていますが、近年では水素案件のみならず太陽光や風力などの再生可能エネルギー発電案件での引き合いも増えています。

大林組の知見や技術を活かせる案件を厳選し、事業者としてのみならずEPC(Engineering, Procurement and Construction:設計、調達、施工)にも取り組み、アジア、オセアニア地域をはじめとした海外でのグリーンエネルギー事業を推進していきます。

ニュージーランドでのグリーン水素事業
[Halcyon Power Limited]

ハルシオンパワー社ロゴ

2018年11月、大林組と地元信託組織Tuaropaki Trustは合弁会社ハルシオンパワーを設立しました。2021年からタウポで水素製造プラントを開業し、地熱を利用したグリーン水素の製造・供給・輸送を行っています。

関連情報:[事業紹介] 水素 グリーン水素サプライチェーン構築の未来構想 [ニュージーランド タウポ]

ニュージーランドでの再生可能エネルギー発電事業
[Eastland Generation Limited]

Eastland Generation社ロゴ

2024年4月、大林組は、ニュージーランドにおいて再生可能エネルギー発電事業を行うEastland Generation Limitedの株式50%を取得し、同社を関連会社化しました。

大林グループが日本国内およびニュージーランドで培ったノウハウやネットワークを同社と共有することで、同社が展開する地熱や水力など再生可能エネルギー発電事業のさらなる成長につなげるとともに、地熱発電所を保有することで先行して得られる同社の知見や経験を、日本国内で開発中の地熱発電案件へ還元していきます。

関連情報:[事業紹介] 地熱発電 ニュージーランドでの地熱発電事業
[事業紹介] 水力発電

事業紹介

大林組のグリーンエネルギー事業と実証中の
取り組みを紹介します