ページの先頭です
メニューを読まずに本文へ移動します

環境配慮

日本の研究施設としては初めて「カーボンニュートラル」を達成

本館 テクノステーションは、自然エネルギーの利用や次世代設備の採用、エコ意識を促す「見える化」等の効果により、CO2排出量を一般的な事務所ビルに比べて55%削減。削減された光熱費の一部で45%相当のカーボンクレジットを購入することで、日本の研究施設としては初めてCO2排出量のすべてを相殺する「カーボンニュートラル」を達成します。

自然エネルギーの利用と制御次世代設備の採用エコ意識を促す「見える化」

自然エネルギーの利用と制御

太陽光や風、雨水などの自然エネルギーを、照明や空調に積極的に活用します。
こうした自然環境との共生によってCO2排出量を削減しながら、快適な空間をつくり出していきます。

トップライトの自然光で省エネルギー

本館 テクノステーションの屋根にトップライトを設け、自然光を反射、拡散させながら室内に採りこみます。この自然光により、昼間は照明の点灯を抑えられるので、エネルギーの消費量をカットできます。また、ゆるやかな光の変化によって、室内にいながら自然を感じることができます。

Get Adobe Flash player

一般的なビルの屋根は平らですが、本館 テクノステーションではトップライトを設けて自然光を利用します

  • ページトップへ
光と熱の制御で快適な空間へ

南面は大きな庇(ひさし)とガラス製のフィン*で、直射光をカットして空調負荷を抑えます。また、窓際にフリースペースを設けることで、光と熱をゆるやかに調整して、執務空間を快適に保ちます。

*ガラス製のフィン ・・・ 一定の間隔で、窓面と垂直に立てるガラス製のついたて

Get Adobe Flash player

庇とフィンの組み合わせにより、壁一面に大きなガラス窓を設置できるので、自然の眺めを活かしながら強い日差しだけシャットアウトします

  • ページトップへ
風をオフィスの自然換気に活用

春や秋には、南北方向から吹く風をオフィスの自然換気に利用することで、空調エネルギーを大幅に削減します。

Get Adobe Flash player

外からの風を利用するとともに、トップライトを遠隔操作で開閉して換気を促します

  • ページトップへ
雨水と地下水を有効利用

夏は敷地内の地下水をくみ上げ、冷房の補助熱源や緑地への散水に利用します。また、雨水はトイレの浄化水や緑地への散水に利用します。敷地内は水が浸透しやすい湿潤舗装なので、散水した水は地下へと戻ります。

Get Adobe Flash player

定期的な散水は外気の冷却効果もあります

  • ページトップへ

次世代設備の採用

快適なオフィスに欠かせないのは心地よい温度と適度な明るさです。しかし、そのためには非常に多くのエネルギーを使用します。本館 テクノステーションでは、「もったいない」の思想から生まれた次世代型の仕組みで、空調と照明にかかるエネルギーを抑えながら心地よい空間をつくりだし、省エネと快適さの両方をかなえます。

ICタグによる空調・照明システム

建物への入退館を制御するセキュリティ用のRFIDタグ(ICタグ)を、個人用の照明や空調のON・OFF制御にも利用します。人がいるときだけ照明や空調が稼動するのでエネルギーの無駄がありません。

Get Adobe Flash player

オフィスで必要な明るさは700ルクス。自然光との組み合わせでデスクを十分な明るさに保ちます。個人用の照明は机から離れると自動で消え、空調は部屋の外へ出るとOFFになります。

  • ページトップへ
パーソナル空調で省エネと快適さを両立

人が活動するところに「快適さ」は不可欠です。でも、人がいないところにも必要でしょうか。快適さの「必要なところ」と「不要なところ」を明確に分けることで、余分なエネルギーを使いません。

Get Adobe Flash player

床からは湿度調整された空気が吹き出します

  • ページトップへ
地中熱の利用で消費電力を節約

空調用の空気や水は、ヒートポンプを使用して冬には暖め、夏には冷却します。その際に、一年を通して15~19℃の地中熱を利用して、ヒートポンプにかかる負荷を少なくし、消費電力を節約します。

Get Adobe Flash player

地中熱交換器に、熱が通りやすい砂を詰めることで、効率良く熱を交換します

  • ページトップへ

エコ意識を促す「見える化」

省エネ・省CO2を実現するためには、自然エネルギーや次世代設備の活用等とともに、「一人ひとりのエコ意識」が大切です。
本館 テクノステーションでは、空調を利用者が自然換気モードへ切り替えたり、CO2の削減効果をモニターで確認したり、自らエコに取り組めるようにしました。省エネ・省CO2の「見える化」は、皆がエコに気付く第一歩。地球環境に優しい「人」を育みます。

建物からのエコサインで自然換気モードへ

屋外の気温や湿度、風速などを建物上部のセンサーが感知し、自然換気でも室内を快適に保てる場合は、室内モニターの合図でお知らせします。建物からの「エコサイン」を受け取った利用者は、自然エネルギーを利用した換気モードに切り替えます。

Get Adobe Flash player
  • ページトップへ
省エネ・省CO2効果が一目でわかります

太陽や風、水などの自然エネルギー利用やICタグによる機器制御で省エネ・省CO2を行い、その効果をグラフや数値でリアルタイムに表示します。また、一般的なビルと比べて削減できたCO2量を樹木の数に換算し、 エコに取り組んだ成果を実感しやすくしました。

Get Adobe Flash player
  • ページトップへ
一人ひとりのエコ意識が緑あふれる未来をつくります

省エネで削減したエネルギー量は費用換算し、苗木を購入するなどして、子どもたちとの植樹イベントや環境講座などに役立てます。省エネに取り組んだ分が樹木に変わり、緑を通じた人と人とのふれあいが増えれば、一人ひとりのエコ意識も育まれていくでしょう。「見える化」は、地球に優しい「人」を育てる仕組みでもあるのです。

Get Adobe Flash player
  • ページトップへ
環境に配慮した技術
湿潤舗装システム 打ち水ベープ緑化ブロック舗装システム 打ち水グラスパーク高反射率塗料 サンバリア
高効率に発電 太陽光発電パネル無尽蔵のクリーンエネルギー 風力発電装置蓄熱で電力負荷を平準化 中温冷水潜熱蓄熱システム