ABOUT
大林組とは
大林組は、
私たちの生活の根底を支えている
総合建設会社の一つ
総合建設会社は一般的にゼネコンと呼ばれ、オフィス、マンション、商業施設、工場、病院や学校などの建築物を造る建築事業、トンネル、橋梁、ダム、河川、鉄道や高速道路などを造る土木事業、街づくりなどを行う開発事業、再生可能エネルギー創出事業をはじめとした新領域事業など、私たちの生活を支えるあらゆるものを造ることに関わっています。
Topic 01
これ以上ない社会貢献性
橋、道路、鉄道、トンネル、オフィスビル、学校、病院、ホテル、商業施設…人々が生活していく上で必要な社会基盤は建設会社の仕事によって生み出されています。自分の携わった仕事が、社会を豊かにしていくことができるものづくり、この社会貢献性の高さこそがゼネコンの最大の魅力です。
Topic 02
世界で一つだけのものづくり
工場での大量生産とは異なり、ゼネコンのものづくりはその土地固有の一品生産です。その土地の地形、地質、気象など、現場を取り巻く諸条件は工事ごとに異なるので、その都度、それぞれに最も適した工法、材料、機械などを選定し、世界で一つだけの建設物を造り出します。
Topic 03
桁違いの巨大組織を率いるやりがい
一つのプロジェクトに携わる建設技能者の数は、多いときには数千人になります。その道のプロ集団である技能者たちをまとめ上げ、信頼関係を構築することができるかがプロジェクトの成否に直結します。桁違いの巨大組織を率いてプロジェクトのマネージメントをしていくやりがいは、ほかでは味わえないゼネコンの醍醐味です。
INFORMATION
イベント情報
土木系イベント
大林組の土木事業では、鉄道・道路・ダム・空港など私たちの生活に必要不可欠なインフラの新設・更新事業を通じ、より豊かな社会の実現と人々の安全・安心に貢献しています。現場は、プロジェクトの最前線です。多種多様な自然環境や周辺環境の中、日本各地・世界各地で巨大プロジェクトをかたちにしています。大林組のイベントでは、こういった建設現場の見学を通じて建設業のスケールの大きさやものづくりの醍醐味を体感することができます。
2021年度のイベント実施予定内容
現状2020年度と同様の内容を予定していますが、プログラム内容を変更する可能性がございます。
就業体験イベント(1日間)
OBAYASHIテクノロジーセミナー 現場見学会(1日間)
開催時期
夏~冬
開催場所
北海道、宮城、東京、石川、愛知、大阪、広島、愛媛、福岡
実施内容
大林組が施工する建設現場(シールド、トンネル、鉄道、高速道路など)の見学、現場職員の仕事紹介、大林組技術研究所の見学、社員との座談会など
OBAYASHIテクノロジーセミナー WEB(半日間)
開催時期
夏~冬
開催場所
WEB
実施内容
大林組が施工する建設現場の紹介、現場職員の仕事紹介(トンネル、鉄道、高速道路など)、講演(海外プロジェクト、若手職員の仕事紹介)、社員との座談会など
※ 本年度のインターンに関しては下部の「イベントへのご応募はこちらから」ボタンよりご確認ください。
MESSAGE
人事担当者より
現場見学会では実際に施工中の現場を見るだけでなく、現場で働いている職員自ら一日の仕事内容を紹介するコーナーもあり、現場施工管理についてより理解を深めることができます。
また、現場見学ではなく、最先端の研究開発拠点である技術研究所の見学ができるイベントもあります。
WEBのテクノロジーセミナーでは、施工中の現場とLIVEでつながり、現場で働いている職員に業務内容などを質問することもできます。ほかにも大林組が取り組んでいるプロジェクトの紹介や若手職員の仕事紹介など盛りだくさんの内容となっています。
OBAYASHIテクノロジーセミナーでは、さまざまな部署で働いている大林組職員との座談会の場を設けていますので、皆さんが抱えている疑問にお答えし、建設業についてより深く知っていただきたいと思います。
イベントへのご応募はこちらから
建築系イベント
大林組の建築事業では、ビルやマンション、学校、病院、駅、工場そしてスタジアムに至るまで幅広い用途の建物を建設することで、より豊かな社会の実現に貢献しています。
大林組の建築系職員は全職員の約半数(約4000人)を占めており、その中で生産・設計・研究・開発・情報・エンジニアリング・原子力などの系統に分類されます。プロジェクトの最前線である現場で活躍する施工管理(現場監督)は生産系に分類され、建築系職員の約4分の3を占めます。大林組のイベントでは施工管理業務を幅広く知っていただける内容をご用意しております。
2021年度のイベント実施予定内容
現状2020年度と同様の内容を予定していますが、プログラム内容を変更する可能性がございます。
インターンシップ(5日間以上)
夏期インターンシップ5days
開催時期
夏~秋
実施内容
実際の現場で施工管理業務を体験
就業体験イベント(1日間)
建築職テクノロジーセミナー(1日間)
開催時期
夏~冬(8月~11月)
開催場所
オンライン、北海道、宮城、東京、長野、愛知、大阪、広島、香川、福岡
実施内容
建設業界の紹介、大林組の施工技術を紹介&体験、現場見学
建築施工系ジョブセミナー(1日間)
開催時期
夏~冬(9月~1月)
開催場所
オンライン、東京、大阪、広島、香川
実施内容
施工管理業務の紹介、国内現場・海外現場と中継での交流
※ 上記以外のイベントなどに関しても別途予定しておりますので、下部の「イベントへのご応募はこちらから」ボタンよりご確認ください。
MESSAGE
人事担当者より
「施工管理ってよく聞くけど、どんなことやってるの?」そんな疑問を解消できるイベントをご準備しております。具体的な内容としては、施工図の作成を行う業務(生産設計)・コンクリート打設の計画やタワークレーンの設置計画を行う業務(生産技術)・iPadによる品質管理・BIMによる3D管理などを体験していただく予定です。また、海外勤務の若手職員との交流(中継)など社員と交流機会も設ける予定です。
ぜひものづくりと施工管理の魅力、やりがいを体感してみてください。
イベントへのご応募はこちらから
設備系イベント
大林組は建設会社として唯一無二のものづくりを通して社会に貢献しています。その中で設備は、建築や都市において人々の生活に欠かせない電気や水、空気といった“命”を吹き込み、人々の生活を豊かにします。大林組では、ものづくりや設備に興味のある高専生や大学生、大学院生を対象に、建設業のやりがいや魅力を肌で感じていただく機会として各種イベントを開催します。設備職ジョブセミナーでは、設備設計業務や現場での施工業務を体験していただく予定です。
2021年度のイベント実施予定内容
現状2020年度と同様の内容を予定していますが、プログラム内容を変更する可能性がございます。
就業体験イベント(1 ~ 2日間)
設備職ジョブセミナー(2日間)
開催時期
夏~秋(8月~11月)、冬(1月~2月)
実施内容
建設業、建築設備の業務内容紹介
設備設計業務の体験
BIMの体験
現場での施工業務体験(現場実習)
グループワークによる参加者との交流
現場見学会(半日間)
開催時期
冬(2月)
実施内容
建設業・建築設備の業務内容紹介、現場見学
※ 本年度のインターンに関しては下部の「イベントへのご応募はこちらから」ボタンよりご確認ください。
MESSAGE
人事担当者より
例年、建築系の学生だけでなく、機械系や電気・電子系、情報系の学生にも多数参加いただいております。ジョブセミナーの具体的な内容は、空調衛生設備や電気設備についての基本設計業務やBIMモデルの操作などを体験していただきます。現場での施工業務体験では、朝礼や打ち合わせにも参加し、普段見ることのできない工事現場の中を見学することで現場の雰囲気を肌で感じていただきます。ジョブセミナーを通して、ものづくりの楽しさや魅力を体感してもらう機会としておりますので、みなさんからのご応募をお待ちしております。
イベントへのご応募はこちらから
機電系イベント
大林組は世界で一つだけのものづくりで人々の生活を豊かにしています。日本一高い東京スカイツリー®をどうやって建てたの?道路下のトンネルはどうやって掘ったの?と疑問に思ったことはありませんか。「建設」という巨大なものづくりにおいて機械と電気の力は必要不可欠で、大林組の機電系職員は、その巨大なものづくりを支えています。大林組では、機械・電気系学生を対象に「大林組機電職1day・2daysジョブセミナー」を開催し、ゼネコンのものづくりを知っていただく機会をご用意する予定です。
2021年度のイベント実施予定内容
現状2020年度と同様の内容を予定していますが、プログラム内容を変更する可能性がございます。
就業体験イベント(1 ~ 2日間)
1dayジョブセミナー
開催時期
夏、冬
実施内容
現場見学による施工管理業務を体感
2daysジョブセミナー
開催時期
夏、冬
実施内容
計画業務を体験、現場見学による施工管理業務を体感
※ 内容は変更する可能性がございます。
詳しくは下部の「イベントへのご応募はこちらから」ボタンよりご確認ください。
MESSAGE
人事担当者より
「ゼネコンのものづくりの魅力」と「発想力の大事さ」を経験してほしいです。ゼネコンのものづくりは唯一無二のものづくりのため、毎回条件が異なります。機電系職員はその条件に対してベストな建設機械や電気設備を選定して計画します。プロジェクトによっては発想力や新たな技術が求められます。2daysジョブセミナーでは、1日目は計画業務を体験してもらいます。2日目は現場実習を通じて計画業務が現場でどう活かされているか、建設現場の業務を肌で感じてもらいます。1dayジョブセミナーは現場実習のみのプログラムになります。
イベントへのご応募はこちらから
エンジニアリング系イベント
大林組のエンジニアリング部門は「医薬・食品・電子関連などのプラント施設」や「風力発電・太陽光発電・バイオマス発電などの再生可能エネルギー発電施設」など、専門知識が要求されるプロジェクトを担当しています。そこで活躍するエンジニアは建築系だけでなく、電気・電子・機械・化学・物理系などさまざまです。専攻別に設けた<プラントエンジニアリングコース(設備系)><プラント施設計画コース(建築系)>を通して、ゼネコンのエンジニアリング部門の役割、総合建設業のスケールの大きさやものづくりの醍醐味をご紹介します。「大林組のエンジニアリング部門は何をするの?」「専業エンジニアリング会社との違いは?」など、参加者の疑問にお答えします。
2021年度のイベント実施予定内容
現状2020年度と同様の内容を予定していますが、プログラム内容を変更する可能性がございます。
就業体験イベント(1日間)
エンジニアリングセミナー<プラントエンジニアリングコース(設備系)>(1日間)
エンジニアリングセミナー<プラント施設計画コース(建築系)>(1日間)
開催時期
秋~冬
実施内容
会社概要およびエンジニアリング事業の紹介
エンジニアリング業務の紹介、体験(グループワーク)
※ 内容は変更する可能性がございます。
詳しくは下部の「イベントへのご応募はこちらから」ボタンよりご確認ください。
MESSAGE
人事担当者より
大林組のイベントでは、エンジニアリング業務を少人数のグループで担当の指導者のもと、実際に体験をしていただきます。
自分自身の頭で考え、手を動かすことで、エンジニアリング業務についてより深く理解していただける内容を実施する予定です。
イベントへのご応募はこちらから
事務系イベント
技術系職員が約8割を占める大林組において事務系職員は、会社と現場の間に立ち、時にリードし、時にフォローに回りながら組織をまとめる重要な役割を担っています。仕事内容としては、「営業」、「営業支援」、「開発」、「生産支援」、「現場事務」、「管理」など多岐にわたり、活躍できるフィールドが多いのが特徴です。大林組のイベントでは、施工現場の労務管理や会計業務などを担う「現場事務」や会社が受注した工事の契約締結や工事情報の分析、管理を行う「営業支援」の業務を体験していただく予定です。座談会など社員と交流できる機会も設ける予定です。
2021年度のイベント実施予定内容
現状2020年度と同様の内容を予定していますが、プログラム内容を変更する可能性がございます。
就業体験イベント(1 ~ 3日間)
180分完結【業界研究×事務職仕事理解セミナー】
開催時期
夏(7月)
開催場所
オンライン
実施内容
業界説明、大林組の会社説明
事務職の仕事紹介
事務職の仕事理解ワーク
内々定者パネルディスカッション
180分完結【業界研究×現場見学セミナー】
開催時期
秋(9月、10月)
開催場所
オンライン
実施内容
業界説明、大林組の会社説明
事務職の仕事紹介
現場見学映像の視聴
現場事務の働き方紹介
若手社員座談会
ゼネコン文系社員の仕事体験プログラム3days
開催時期
冬(1月)
開催場所
本社(東京)、大阪本店
実施内容
開発、財務、営業支援などの仕事体験、紹介
1日完結型【就業体験×社員インタビュー】
開催時期
冬(2月)
開催場所
オンライン
実施内容
契約締結業務体験や社員座談会
※ 本年度のインターンに関しては下部の「イベントへのご応募はこちらから」ボタンよりご確認ください。
MESSAGE
人事担当者より
ゼネコンのものづくりはチームでの仕事です。決して技術系職員だけで建物を完成させているのではなく、事務系職員もチームの一員として活躍しています。
大林組のイベントを通じ、ゼネコンのものづくりの魅力とともに具体的にイメージがしにくい事務系職員の仕事内容ややりがいを知っていただければと思います。
業界に興味のない方や文系の方でもこんな仕事があるんだという発見がある内容になっています。ぜひご参加ください。
イベントへのご応募はこちらから