時をつくるこころで創る 大林組 RECRUIT SITE

トップページ/大林組の挑戦/宇宙エレベーター建設構想

大林組の挑戦 CHALLENGE

大林組の挑戦トップへ

地球と宇宙をつなぐ10万kmのタワー「宇宙エレベーター」建設構想

宇宙エレベーター建設構想について

「2050年エレベーターで宇宙へ」大林組プロジェクトチームが2050年の完成を想定して構想をまとめたのが、「宇宙エレベーター建設構想」です。人や物資を経済的かつ大量に宇宙へ搬送するため、ロケットの代わりに建設。地球と月との距離の約10分の1の上空3.6万kmにターミナル駅、地球の海洋上に発着場を設置、総延長9.6万kmのケーブルでつないでエレベーターを運行させます。この構想が実現すれば、宇宙太陽光発電、宇宙資源の探査や活用、宇宙観光旅行など、さまざまな分野での可能性が広がっていくことでしょう。

地球上に構築する限り、建設物は自重によって壊れる限界点があります。しかし、9万6,000kmかなたの宇宙へと伸びる宇宙エレベーターは、理論的には実現可能と言われています。大林組は建設の視点から、宇宙エレベーターの持つ未来への可能性を探求しています。

宇宙エレベーター建設構想を動画で紹介しています。詳しくはこちらをクリックしてください