時をつくるこころで創る 大林組 RECRUIT SITE

menu
トップページ/社員を知る/建築:施工管理 坂田 高洋

社員を知る PERSON

社員を知るトップへ

大林組で働く社員を紹介

誠実に、熱意を持って造るという大林組の姿勢ゆえ、建物に愛着が湧いてくる

職種: 建築職 担当業務: 施工管理 東京本店 帝京大学八王子工事事務所 主任(取材当時) 坂田 高洋 2007年入社 理工学研究科 建築学専攻 修了

仕事内容

現在は大学キャンパスの新校舎建設現場で、工事の計画や工程・安全管理などを行う、施工管理を担当しています。新築工事のメインとなる高層棟の躯体工事が主な担当で、一日でも早く、安全に上棟させることが今の私の一番のミッション。先輩や後輩、協力会社の職長(工種ごとのリーダー)と毎日のように打ち合わせを行い、「どの作業を優先して進めていくか」「このような方法であればより早く施工できるのでは」など、積極的にコミュニケーションを取り合っています。私たちが立てた工事の計画に沿って、実際に手や機械を動かして作業するのは職人さんたちです。彼らが仕事をしやすい計画を立て、なおかつ自分の意図が伝わるようにと、日々試行錯誤しています。

入社動機

建築関係の職に就くことを志し、大学入学とともに上京しました。就職を意識し始めたころ、満員電車や夜の繁華街を見て「これが都会のサラリーマンか…」と、社会に出ることに若干の不安を感じていました。そんな私が大林組で働きたいと思った理由は、現場見学に行ったときに応対してくださった方に、「仕事は大変だし、厳しい時もあるよ。でも…」と仕事の魅力を語っていただいたときのキラキラとした目の輝きに、とても魅力を感じたからです。やりがいや誇りを持って働いている先輩がいる。そんな大林組に一目ぼれしました。

仕事のやりがい

建設業の並外れたスケール感が魅力であり、やりがいです。入社1年目、アジア最大規模となる埼玉県のショッピングセンターの現場に配属されました。辺り一面何もない広大な土地に、たったの1年で巨大なショッピングセンターを建てる、と説明を受けたときの衝撃は今でも鮮明に覚えています。また、どの現場においても、完成に近づくにつれ建物に愛着が湧いてきます。少しでも良いものを、という思いが込み上げ、引き渡しの日は、まるで親のような気持ちに。「我が子」とも思える建物を、大事に使用していただき、さまざまな人が訪れ、そこには笑顔が溢れている。この建物を造ったのは間違いなく自分だと胸を張って言えることも、やりがいにつながっています。

これからの夢、目標

「時をつくる こころで創る」という大林組のコーポレートメッセージを胸に刻んで、経験を積んでいきたいと思っています。誠実に、熱意をもって建物を建て、空間と時を提供していく、という大林組の姿勢を示すこのメッセージは、まさに私のめざすものづくりのあるべき姿だと思っているからです。自分の子どもにも胸を張って「ここはお父さんが造ったんだよ」と言えるような建物を、至る所に残していきたいです。

キャリアステップ

1~2年目
若年教育期間(埼玉県の商業施設新築工事現場や東京本店見積部、生産技術部、生産設計部など)
3~4年目
都内のオフィスビル・結婚式場増築工事で施工管理を担当
5年目
千葉県の美術館新築工事で施工管理を担当
5~6年目
埼玉県の商業施設新築工事で施工管理を担当
7年目~現在
東京本店帝京大学八王子工事事務所

ある1日の流れ

  • 7:45朝礼(ラジオ体操)、現場巡回
  • 10:15協力会社と搬出入車両・クレーンの調整打ち合わせ
  • 10:30デスクワーク
  • 11:30作業間調整打ち合わせ
  • 12:00昼食
  • 13:00現場巡回
  • 15:00協力会社と打ち合わせ
  • 16:00デスクワーク
  • 17:00現場巡回
  • 18:00デスクワーク
  • 20:00退社(業務が残っていれば残業)

オフの過ごし方

休日はもっぱら家族との時間を大切にして、一緒に楽しんでいます。妻と娘と愛犬を連れてショッピングに出かけることや、公園で和気あいあいと遊ぶことが、ほかには代えがたい週末の楽しみです。そしてお酒も好きなので、夜は晩酌を楽しみます。それから日課の筋トレをしてから、ぐっすりと眠るのがお決まりのパターンです。

他の社員を知る