時をつくるこころで創る 大林組 RECRUIT SITE

menu
トップページ/社員を知る/建築:施工管理 山崎 菜奈美

社員を知る PERSON

社員を知るトップへ

大林組で働く社員を紹介

スケールの大きな現場で、「働く女性」の見本になれるような仕事をしていきたい。

職種: 建築職 担当業務: 施工管理 東京本店 帝京大学八王子工事事務所(取材当時) 山崎 菜奈美 2008年入社 工学部 建築学科 卒

仕事内容

大学のキャンパス内で新しい校舎を建てる工事を行っています。現在は外装工事を担当しており、工程管理・品質管理・安全管理などが主な業務です。外装は建物を利用する、しないにかかわらず、最も多くの人の目に触れる建物の顔です。美しく見えるように仕上げることはもちろん、タイルの剥落や漏水などで引き渡し後にトラブルが起きることのないよう、職人さんたちと協力しながら丁寧に施工しています。現在は建物の周りは足場で囲われていますが、足場が解体され外装が人々の目に触れるときを楽しみに、日々の工事を進めています。

入社動機

学生の頃から、造ったものが形になって残る「ものづくり」の仕事に興味がありました。中でも建設業はそのスケールが大きく、自分が造ったものが何年もその場にあり続けるということ、同じ物は2度と造られないということが魅力的だと思います。大勢の人が集い、利用するランドマークを造りたいと思い、大林組に入社しました。また、女性社員の先輩が多くいるということも、入社を志望した大きな理由の一つです。

仕事のやりがい

現場は生き物だとよく言われます。現場の状況が目まぐるしく変化し、自分の仕事の成果が毎日、目に見えて分かるところがこの仕事の魅力だと思います。取り扱う部材や重機もスケールが大きく、特に初めて自分の計画通りに工事が進んだときには、とてもわくわくしたことを覚えています。また、竣工時には何とも言えない達成感があります。一つの建物に私たち施工者や職人さん、お客様、設計者など、多くの関係者の思いが詰まっていることを強く感じるとともに、仕事に対するやりがいを実感できるのが、竣工というゴールの瞬間です。

これからの夢、目標

「この人が担当だったら大丈夫だ!」と、お客様や職人さんに言っていただけるようになることが現在の目標です。そのために、最もスムーズに現場を動かすことができる計画を立てたいと、毎回真剣に考え、仕事に臨んでいます。女性の後輩社員も増えてきましたので、彼女たちの見本になれるような仕事ができたら良いなと思っています。また、将来の夢は、東京にずっと残っていくような、大きなランドマークを建てる現場で、工事の先頭に立って引っ張っていくことです。

キャリアステップ

1~2年目
若年教育期間(生産設計部、見積部、生産技術部、および都内現場)
3年目
都内の高層マンション新築工事で施工管理を担当
4~5年目
川崎市の高層マンション新築工事で施工管理を担当
6年目~現在
東京本店帝京大学八王子工事事務所

ある1日の流れ

  • 7:45朝礼(ラジオ体操)、現場巡回
  • 10:15協力会社との揚重機・搬入車両打ち合わせ
  • 10:30事務所にて指示書作成など
  • 11:30作業間連絡調整
  • 12:00昼食
  • 13:00工程表作成、発注手配ほか
  • 15:00現場巡回
  • 16:30協力会社との打ち合わせ
  • 18:00事務所にて図面チェック、施工計画ほか
  • 20:00退社(業務が残っていれば残業)

オフの過ごし方

同期社員の皆がとても仲が良いので、休日はよく集まって飲みに行っています。大阪や名古屋にいる同期社員とも、今でも頻繁に情報交換をしたり、年に数回は集まって旅行をしたり、ゴルフを楽しんだりするのが恒例のイベントとなっています。

他の社員を知る