時をつくるこころで創る 大林組 RECRUIT SITE

menu
トップページ/社員を知る/設備:施工管理 鷹野 翔一

社員を知る PERSON

社員を知るトップへ

大林組で働く社員を紹介

さまざまな知識と能力を身に付け、会社に利益をもたらし、街のランドマークになる建物を多く残していきたい。

職種: 設備職 担当業務: 施工管理 神奈川県某商業施設新築工事事務所(取材当時) 鷹野 翔一 2015年入社 工学院 空調性能システム専攻 修了

仕事内容

施工現場で、建物が建つまでには、様々な段階がありますが、それぞれの段階で私の業務内容も変わってきます。躯体工事の際は、設備工事の図面のチェックや工事計画を練ることが主な仕事です。その後、内装工事が始まると機械の搬入や電気配線、空調・衛生配管などの設備工事の進捗管理や工程調整が主な仕事となります。また、竣工引渡し後は、テナント工事の調整や追加工事が発注された際の見積り作成、発注者やテナント工事業者との調整役が私の主な仕事となります。様々な業務がありますが、私のミッションは、工事が安全でスムーズに行われるよう計画し、指示することです。そのためにも、発注者はもちろん、設計者、協力会社の方々とのコミュニケーションを大切にしています。

入社動機

仕事を通して「モノづくり」をしたいと思っていました。その中でも建設業は、「施工した建物が世の中で長く残る」そして「実際にその建物を利用してくれる人々がいる」、この点に魅力を感じていたので、建設業を中心に就職活動をしました。大林組への興味はもともとあったのですが、大学時代に東京スカイツリー®の施工に関する講義のなかで、実際に入社している大学の先輩から話を聞く機会があり、具体的な仕事内容や会社の雰囲気、また入社後のイメージがしやすかったことが決め手となりました。

仕事のやりがい

実際に人に利用されることで、初めてその建物が建った意味を成すと思っています。竣工後、私たちの施工した建物を一般の人々が利用しているのを見ると素直に嬉しく、それがやりがいにもつながっています。人々が利用している裏側では、多くの設備工事が実施され、機械が動き、建物のシステムが滞りなく稼働しています。電気、空調、衛生、輸送など、どの設備の不具合も許されません。とても緊張感のある仕事ですが、その分、設計された通りに機械が動いたことで、多くの人に喜んでもらえる。そこにたどりつくには、様々な苦労がありますが、だからこそ楽しさを感じることができると思っています。

これからの夢、目標

入社して間もない今では、目の前のことで精一杯なのが正直なところですが、多くの有意義な経験をさせてもらっていることを実感し、毎日が充実しています。これらの経験をさらに積むことで、現場はもちろん、会社にもっと貢献できる人間になりたいと考えています。発注者や協力会社との折衝の中でより多くの利益を残すことができるようになることが、この先の目標です。さらに大きな夢としては、入社動機でもある建設業の魅力「街に残る建物」を多く作り上げることです。ランドマークとなる建物に関わり、「これは自分が建てた」と完成した建物を見上げてみたいです。

キャリアステップ

1年目〜現在
神奈川県で商業施設新築工事の施工管理業務を担当

ある1日の流れ

  • 7:30出社、メールチェック
  • 7:55朝礼(ラジオ体操)、作業員への現場状況・注意事項の伝達
  • 8:15現場巡回
  • 10:00協力会社との打ち合わせ
  • 11:30作業間連絡調整会議(昼礼)
  • 12:00昼食
  • 13:00図面や要領書のチェックなど
  • 14:30現場巡回
  • 16:00所内打ち合わせ
  • 17:00事務所内作業
  • 19:00退社

オフの過ごし方

友人とご飯を食べに行ったり、買い物に出かけたりすることでリフレッシュしています。また、学生時代のバンド仲間とスタジオで練習をしたり音楽フェスに行くことも好きです。休日は友人と過ごすことが多いですね。また、同期と話したり飲んだりする時間も大切で、気兼ねなく何でも話せる楽しい時間を過ごしています。

他の社員を知る