アセットマネジメント専門部署を新設

プレスリリース

(株)大林組は、平成12年2月1日付で東京本社建築事業本部リニューアルセンター及び本店リニューアルセンターにアセットマネジメントの専門部署を設置しました。


近年、不動産を効率的に運用・管理するためのファシリティ マネジメント(FM)を重視する傾向にあり、FMを支援するソフト機能の提供をゼネコンに求めるニーズが高まっています。建設業はCS(顧客満足)行動をより徹底するため、建設段階に止まらず事業の企画・立案から、事業運営、メンテナンスやリニューアル等に至る各フェーズにおいて、幅広い分野で顧客に対する総合的なサ-ビスを提供する必要があります。
また、昨今、様々な手法で企業の保有資産の流動化が図られており、不動産価値が内部収益性(フリーキャッシュフロー)により評価される傾向とも相俟って、ビルの売却や「不動産の証券化」に向けたデュー・デリジェンス業務等、新たなサービスの提供もゼネコンに期待されているところです。


既に大林組では、重要顧客からの要請に応えて営業部門やリニュ-アルセンタ-、設計部門など関連部門からなる組織横断的なチ-ムを個別に編成し、これらアセットマネジメント関係業務を行ってきましたが、今後更なるCS行動の充実を図るとともに、この分野の業務をフィービジネスとして確立するため、新たに専門部署を設置することとしたものです。
業務遂行にあたっては、短期修繕費用の見積、長期修繕計画の立案、建物のライフサイクルコスト評価システム(O・LCC)をはじめ、 大林組の保有する技術やノウハウを最大限に活用して顧客のニーズに迅速に応えます。

このため、東京本社建築事業本部リニュ-アルセンタ-にアセットマネジメント部を新設し、当初15名程度の専任スタッフを配置して業務を開始します。また、大阪における同業務の窓口部門として、本店リニュ-アルセンタ-リニュ-アル部にアセットマネジメント課を新設します。


以上
■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室企画課
TEL 03-5769-1014
東京都港区港南2-15-2 品川インターシティB棟