サステナビリティ

持続可能な社会の実現と企業価値の向上をめざして、
社会課題の解決に真摯に取り組んでいます

サステナビリティへの取り組みについて

大林組にとって、サステナビリティへの取り組みは企業理念の実践であり、企業の活動そのものです。
その企業理念の実現を図るための指針として、企業行動規範を定め日々活動しています。
持続可能な社会の実現に向けた大林組の活動を企業行動規範に沿ってご紹介します。

社会的使命の達成と企業倫理の徹底に向けて

良質な建設物・サービスの提供

誠実なものづくりと技術のイノベーションにより、
安全・安心かつ良質な建設物やサービスを提供し、顧客の信頼に応えます。

環境に配慮した社会づくり

持続可能な社会を実現するため、
低炭素・循環・自然共生社会づくりに取り組みます。

人を大切にする企業の実現

多様な人材が個性と能力を活かして、やりがいを持って働くことのできる職場環境をつくるとともに、
働く人の安全と健康の確保に努めます。

調達先との信頼関係の強化

調達先と公正な取引を行い、ともに成長発展するパートナーとして信頼関係の強化に努めます。

社会との良好な関係の構築

各国・地域の文化・慣習を尊重するとともに、良き企業市民として社会との調和を促進します。

企業倫理の徹底

法令の遵守及び良識ある行動の実践/公正で自由な競争の推進/
ステークホルダーとの健全な関係の維持/反社会的勢力の排除/適正な情報発信と経営の透明性の確保

ESGへの取り組み

環境・社会・ガバナンスの観点から、大林組が取り組むべき課題を定め、
サステナブルな社会の実現をめざし、事業活動を通じて課題解決すべく取り組んでいます。

推進体制

取締役会にてESGへの取り組みを含めた経営方針を決定し、それに基づき各部門が業務執行を行っています。また、役員人事・報酬、環境をはじめとするCSRの基本方針、企業倫理などの重要な事項については、個別委員会を設置し、それぞれ取り組みを推進しています。

主な委員会 委員長 開催頻度
推薦委員会
報酬委員会
それぞれ役員人事・役員報酬などに関する審議を行い結果を取締役に上程 社外取締役(過半数を社外取締役で構成) 必要の都度
CSR委員会 環境などを含む、CSRに関する基本方針や活動推進のための方策の策定 社長 年1回
企業倫理委員会 企業倫理の啓蒙、企業倫理遵守のための方策の策定、企業倫理に反する事案に関わる事実解明のための調査や再発防止策の策定を実施 社長 年1回
※下部組織である企業倫理推進委員会(委員長:コンプライアンス担当役員)は年3回
危機管理委員会 危機管理意識の啓発など当社の経営や事業活動が重大なダメージを被る、または社会に影響を及ぼす事態を未然に防止するとともに、万一発生した場合のダメージを最小限にとどめるための活動を行う 社長 必要の都度
技術戦略委員会 持続可能な社会の実現に貢献する建設およびIoTやAIなどを含むその周辺事業に関連する技術の研究開発を推進。 社長
協力会社・労務委員会 協力会社の指導および建設現場で働く技能労働者の就労環境の整備・向上に関する基本方針を立案し、取り組みを推進 社長
中央安全衛生委員会 職場における災害発生の防止と安全衛生の向上に資する取り組みを推進 執行役員 定例年2回必要の都度
人権啓発推進委員会 大林組人権方針」に基づき人権問題の解決および人権啓発を推進 執行役員 定例年1回必要の都度
教育委員会 社員の教育を効果的に促進し、社員の育成および能力の開発を行うための施策の立案や推進 執行役員