サステナビリティ

持続可能な社会の実現と企業価値の向上をめざして、
社会課題の解決に真摯に取り組んでいます

ニュース

サステナビリティ

横浜市の教員の民間企業研修を実施しました

サステナビリティ

エンジニアリング功労者賞、奨励特別賞の2部門で受賞

サステナビリティ

日本コンクリート工学会賞作品賞を受賞

サステナビリティへの取り組みについて

大林組にとって、サステナビリティへの取り組みは企業理念の実践であり、企業の活動そのものです。
その企業理念の実現を図るための指針として、企業行動規範を定め日々活動しています。
持続可能な社会の実現に向けた大林組の活動を企業行動規範に沿ってご紹介します。

社会的使命の達成と企業倫理の徹底に向けて

良質な建設物・サービスの提供

誠実なものづくりと技術のイノベーションにより、
安全・安心かつ良質な建設物やサービスを提供し、顧客の信頼に応えます。

環境に配慮した社会づくり

持続可能な社会を実現するため、
低炭素・循環・自然共生社会づくりに取り組みます。

人を大切にする企業の実現

多様な人材が個性と能力を活かして、やりがいを持って働くことのできる職場環境をつくるとともに、
働く人の安全と健康の確保に努めます。

調達先との信頼関係の強化

調達先と公正な取引を行い、ともに成長発展するパートナーとして信頼関係の強化に努めます。

社会との良好な関係の構築

各国・地域の文化・慣習を尊重するとともに、良き企業市民として社会との調和を促進します。

企業倫理の徹底

法令の遵守及び良識ある行動の実践/公正で自由な競争の推進/
ステークホルダーとの健全な関係の維持/反社会的勢力の排除/適正な情報発信と経営の透明性の確保

ESGへの取り組み

環境・社会・ガバナンスの観点から、大林組が取り組むべき課題を定め、
サステナブルな社会の実現をめざし、事業活動を通じて課題解決すべく取り組んでいます。

推進体制

社長が委員長を務めるCSR委員会を設置しています。CSR委員会では、環境をはじめとするCSRの基本方針や取り組み状況について審議します。また、企業倫理などの重要なテーマについては、個別に委員会を設置し取り組みを推進しています。

主な委員会

企業倫理委員会/環境専門委員会/中央安全衛生委員会/人権啓発推進委員会/技術戦略委員会/教育委員会