人を大切にする企業の実現(安全衛生)

働く人の安全と健康を確保し、快適な職場環境の形成を促進することを安全衛生理念に掲げ、
日々の安全衛生活動を推進しています。

安全衛生理念

建設現場で働く人全員の安全と健康を確保し、快適な職場環境の形成を促進する

大林組は、事業に関わるすべての人々を大切にすることを企業理念の中で謳い、多くの人が働く建設現場の安全を最重要事項と考えています。そして、この安全衛生理念をもとに日々の安全衛生活動を推進しています。

安全衛生方針

  • 1 労働安全衛生法その他の関係法令および大林組社内規定を遵守する。
  • 2 労働安全衛生マネジメントシステムを適切に実施し、運用する。
  • 3 協力会社の自主的安全衛生管理を向上させる。

ページトップへ

労働安全衛生マネジメントシステム

大林組は社長を委員長とした、中央安全衛生委員会を設置しています。年に2回以上開催し、労働災害や健康障害の防止、健康の保持増進など安全衛生に関する基本的な事項を審議検討しています。また、安全衛生理念を実現するために、安全に関する管理方法を体系化した「労働安全衛生マネジメントシステム」を運用しています。

労働安全衛生マネジメントシステムは、組織の労働安全衛生方針を明確にし、実施から達成、見直し、維持までのサイクルについて、体制や計画策定、手順などをマネジメントするものです。大林組では、方針や目標を定めてPDCAサイクルを回し、継続的に改善することをめざしています。

  • 労働安全衛生マネジメントシステム概念図

  • 安全衛生管理体制図

ページトップへ

労働災害の防止に向けた取り組み

2018年度の目標と重点施策

目標

死亡災害0(ゼロ)

重点施策

1 工事事務所長のリーダーシップによる労働災害の防止
2 適切な作業計画の策定と実施
  • 現場の特性や作業内容に即した作業計画の策定と計画内容の確認
  • 作業関係者全員への計画内容と作業手順の周知
  • 作業手順の遵守、作業変更時の作業停止の徹底と再周知
3 機械災害の防止
  • 工事用機械、特にバックホウによる災害の防止
  • 玉掛け作業による災害の防止
  • 工具類による災害の防止
4 墜落・転落災害の防止
  • 安全帯使用の徹底
  • 安全設備設置状況の確認と是正
  • 転落災害(高さ2m未満)の防止
5 安全衛生管理能力の向上
  • 職員および職長・作業員に対する安全衛生教育の強化
  • 協力会社による自主的安全衛生管理活動の定着と指導
6 健康に配慮した職場環境づくりの推進
  • 作業員の健康状態や年齢などに配慮した適正配置の指導
  • 熱中症予防対策の実施および熱中症が疑われる場合の迅速な対応
  • 従業員の心と体の健康づくりの推進
7 第三者災害の防止
  • 場外への飛来落下災害の防止
  • 現場出入口付近でのつまずき転倒および工事車両との接触災害の防止
  • 通勤など移動時の交通事故の防止

労働災害防止に向けた三大運動

1 現場巡視強化運動
工事事務所の職員が、指示事項が確実に実施されているか確認し、安全設備の点検や不安全行動を防止するための巡視を強化します。
2 一声かけ運動
建設現場で作業員の不安全行動に気付いたら、見かけた者が声をかけて注意し合い、災害の発生を未然に防ぐ運動です。
3 ATKY(アタックケイワイ)活動
ATKY活動とは、作業場所で安全設備などの点検確認を行うATK(安全・点検・確認)と、危険を予測し、これを防止するための行動目標を設定するKY(危険予知)を一つにした活動です。作業開始前に、災害につながりそうな危険・有害要因を洗い出し、その除去・低減策を決定し、確実に実施して災害を未然に防ぐことが目的です。

この活動の一環として、作業員一人ひとりが指差呼称を励行し、作業場所での安全点検確認を確実に行う取り組みを「一人ATKY」と称し、その普及を図っています。

安全衛生に関する情報の共有と再発防止

重大災害が起こった場合には、再発防止のために、その状況・原因・再発防止策をまとめ、イントラネットなどで情報を水平展開するとともに、建設現場での必要な教育を行い、災害防止に努めています。また、トンネル坑内で作業する場合など作業内容に応じて健康障害につながるリスクが高いと判断したものについては、委員会を設けて安全衛生設備や作業方法、作業環境の整備や就労管理の改善などを審議しています。

安全パトロール

大林組では、建設現場の安全衛生管理状況を確認するパトロールを全店で行っています。社員や協力会社による日常のパトロールとは別に、特に労働者の多い現場や規模の大きい現場については、本店・支店の安全衛生総括責任者の指示のもと、各現場のパトロールを月に最低1回は実施。安全衛生に関する適切な指導がなされているかの確認や協力会社への安全衛生に関するモニタリングなども行っています。
そのほか、社長をはじめとする中央安全衛生総括責任者・副総括責任者による特別パトロール(年4回実施)や、トンネル工事などにおける粉じん障害防止状況の確認のためのパトロールも実施しています。

安全教育

事故につながる事象などの情報を掲載することで注意喚起を促し、安全意識の向上をめざしている

労働災害の防止、安全衛生意識の向上、安全に関する法令などの理解を深めるため、社員の研修や調達先の教育支援に取り組んでいます。建設現場に従事する社員に対しては、現場に潜む危険への感度を高めるため、体験型の研修を行っています。実際の災害事例と同様の状況を疑似体験することで、事故を未然に防ぐ能力を高め、調達先に対する安全指導力を向上させることを目的としています。

また、毎月発行する安全に関する情報誌「safety information」では各種法令変更や安全災害成績などの情報に加え、リスクの高い災害事例やその防止策などを情報共有しています。例えば、夏期の熱中症災害や、冬場の凍結による転倒防止などをリスクの高い事例としてピックアップして紹介しています。

これらの内容はイントラネットに掲載したり、実際の災害事例をテーマにしたe-learningを社員に向けて定期的に実施したりするなど、いつでも安全情報にアクセスできる環境を整えています。日常的に安全に関する情報に接することで注意喚起するとともに、安全意識の向上を促し、建設現場における安全の徹底を図っています。

安全表彰制度

大林組では、安全意識の高揚と安全管理の質の向上に向けて、日常の安全管理が優れており他の模範となる工事現場を対象に安全表彰を行っています。

ページトップへ

協力会社への安全衛生教育支援

大林組の工事に従事する協力会社で組織された大林組協力会社災害防止協会(災防協)では、大林組と協力会社が一体となって安全衛生の水準を向上させるため、安全パトロールや安全衛生教育の実施、建設技能者の教育用DVDの制作などを行っています。
大林組では、協力会社の自主的な安全衛生管理能力の向上をめざし、管理体制の整備や充実に向けて積極的に支援しています。

  • 災防協東京支部の「職長安全衛生責任者講習会」

  • 玉掛け作業時の災害防止を目的とした「玉掛け技能向上教育」

教育用のDVD制作

災防協と協力し、建設現場の安全衛生における現状課題の中からテーマを選定して制作しています。工事事務所での安全衛生教育や、調達先が独自に行う安全衛生教育に活用されています。

  • 教育用のDVD
  • 教育用のDVDを使用した安全教育

労働災害の状況(建設現場の技能者を含む)

項目 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
度数率(※1) 0.71 0.74 0.67 0.47 0.52
強度率(※2) 0.24 0.18 0.11 0.25 0.11
休業4日以上の災害件数(件) 79 85 68 47 50
  • ※1 100万延べ労働時間当たりの労働災害による死傷者数をもって災害の頻度を表した指標です
  • ※2 1,000延べ労働時間当たりの労働災害による労働損失日数をもって災害の程度を表した指標です

ページトップへ

働きやすい職場をめざして

建設業の働き方改革は、「建設業の担い手確保、建設業の健全な発展」を最終的な目標としています。大林組は、「現場の週休二日(4週8閉所)」の達成に注力しています。社員と技能労働者に対してこれらを実現するには、適正な工期の設定が必要であり、そのためにはお客様の理解が不可欠です。日本建設業連合会が作成するパンフレットなどで、お客様に向けた説明を行っています。

その他、健康管理増進の取り組みなどについては、ワーク・ライフ・バランスの推進をご覧ください。

ページトップへ

社外からの評価

多くの人が働く建設現場での安全を最重要事項とする取り組みは、各方面から評価をいただいています。

ページトップへ