海外建設事業

地域に根差す事業基盤を活かしさらなる成長機会を獲得

東南アジア、北米、オセアニアにおいて、各国・地域に根差したグループ会社を中心に建築・土木事業を展開しており、さまざまな建造物や社会インフラの建設を通じ、現地の人々の生活を支えています。また、半世紀以上にわたって築き上げた各国における事業基盤を活用し、国内外の大林グループ各社が有機的かつ双方向に技術・人材などの強みを提供し合うことで、グローバル市場において建設技術とビジネスのイノベーションを実現し、新たな収益機会を獲得していきます。

売上高
3,884億円
営業利益
28億円

売上高推移

  • 2021

    3,884

  • 2020

    3,763

  • 2019

    4,707

連結財務データ(単位:年 - 億円)2021年度実績

事業戦略

強固な事業基盤を活かし、グローバル市場でのさらなる成長機会を獲得

  • 北米グループ会社の継続的成長、新規M&Aによる施工能力の拡大
  • アジアグループ会社のローカル事業の基盤強化と、アジア支店を中心としたクロスボーダー連携体制の構築
  • グループネットワークを活用した川上段階での案件取り組み、リソースの広域活用
  • 強化対象国を絞り込み、非建設事業のM&Aを含むエリアごとの参入戦略を実行
  • 強固な経営基盤を構築した北米、タイにおける非建設事業(開発・グリーンエネルギー事業)への取り組み

事業環境

  • カーボンニュートラル、水素をはじめとした脱炭素やウェルビーイングへの取り組みがグローバルに加速
  • 半導体不足に代表される世界的なサプライチェーンの脆弱さの露呈
  • 原油価格高騰などによる物価上昇
  • 新型コロナウイルス感染症による各国経済活動への影響やマーケットの変容​

具体的な取り組み

  • 受注ポートフォリオ拡充によるマーケット変容への対応強化と収益力の向上
  • グローバル要員の継続的育成
  • グループネットワークを活用したグローバル企業などの案件情報の収集と受注に向けた迅速な対応
  • グループの技術力を共有することによる競争力の強化

ページトップへ