ESGへの取り組み

ESG課題(マテリアリティ)

これまでの基本理念に基づいた取り組みをESGの視点で改めて見直し、6つのESGマテリアリティを特定しました。中期経営計画の施策にマテリアリティを組み込み、着実に推進することで、大林組グループの中長期的な成長と持続可能な社会の実現をめざしています。

6つのマテリアリティ

6つのマテリアリティ

マテリアリティの特定プロセス

STEP1:関連する課題の絞り込み

外部機関の意見を取り入れながら、ステークホルダーの期待や要請を分析しました。国際的なガイドライン(※1)やSDGs(持続可能な開発目標)などを参考に、ESG分野の課題約300項目の中から22項目を「ESG課題」として抽出しました。

STEP2:課題の優先付け

抽出した22項目のESG課題の中から、ステークホルダーの関心度および大林組グループにおける重要度・影響度の2軸で評価しました。

STEP3:マテリアリティの特定

優先付けをした結果から、大林組基本理念や事業戦略との整合性などを考慮の上6項目を選定し、経営層において審議の上、大林組グループの重要課題として特定しました。

※1 国際的なガイドライン
以下の国際機関やNGOなどの団体のグローバルフレームワークを参考
・IIRC (International Integrated Reporting Council 国際統合報告評議会)
・SASB (Sustainability Accounting Standards Board 米国サステナビリティ会計基準審議会)
・GRI (Global Reporting Initiative)
・WEF (World Economic Forum 世界経済フォーラム)
・MSCI ESG Index (モルガンスタンレー・キャピタルインベストメントESG指標)

大林組グループへのインパクト・アクションプランおよびKPI

大林組グループへのインパクト評価をもとに、アクションプラン・KPI(数値目標)を策定しました。これらのアクションプランをPDCAサイクルにて回すことにより、KPIの目標達成をめざします。達成度については年に1回レビューし、適宜見直しを行います。

ページトップへ

ESG債

大林組は、環境問題など社会課題の解決に資金を限定した社債(ESG債)を発行しています。

大林組グリーンボンド

大林組は、国内社債市場における公募形式により「大林組グリーンボンド」(株式会社大林組第23回無担保社債)を発行しました。グリーンボンドとは、企業や地方公共団体などが、グリーンプロジェクト(環境改善効果がある事業であり、再生可能エネルギー事業、省エネビルディングの建設など)に要する資金を調達するために、国際資本市場協会が定めるグリーンボンド原則や環境省が定めるグリーンボンドガイドラインにのっとって発行される債券です。

大林組サステナビリティボンド

大林組は、国内社債市場における公募形式により「大林組サステナビリティボンド」(株式会社大林組第24回無担保社債)を発行しました。サステナビリティボンドとは、特定の社会的課題への対処や解決、ポジティブな社会的成果の達成を求める事業(ソーシャルプロジェクト)や、気候変動など環境問題に対処することを意図し、環境面での持続可能性に貢献する事業(グリーンプロジェクト)に要する資金を調達するために、国際資本市場協会が定めるグリーンボンド原則、ソーシャルボンド原則およびサステナビリティボンド・ガイドライン、環境省が定めるグリーンボンドガイドラインにのっとって発行される債券です。

ページトップへ

ESGデータ

ESGデータおよびKPIをご紹介します。

ページトップへ