ESGへの取り組み

ESG課題(マテリアリティ)

大林組グループ中期経営計画2017のスタートを機に、「目指す将来像」を見据え、大林組グループが取り組む社会的な課題をより明確にし、課題解決に向けた活動を推進しています。2018年度は、6つのESGマテリアリティを以下のとおり定めました。

1 環境に配慮した社会の形成

  • 気候変動への対応(脱炭素の推進)
  • 循環型社会確立への貢献など(3Rなどによる資源の有効活用の推進)

(当社ビジネスへのインパクト)

  ・環境関連技術の開発による建設需要の増大、新たなビジネスの創出
  ・環境関連の法規制強化への対応遅れ、環境管理コストの増大、競争力の低下

2 品質の確保と技術力の強化

  • 高い品質を維持するための施工管理能力の向上など
  • さまざまなニーズ、課題解決に応える革新的な技術などの開発

(当社ビジネスへのインパクト)

  ・生産性の向上、競争力の強化、事業機会の増大
  ・信用の失墜、競争力の低下、事業機会の喪失

3 労働安全衛生の確保

  • 労働安全衛生マネジメントシステムの徹底
  • 安全教育の推進など

(当社ビジネスへのインパクト)

  ・優秀な人材の確保、優良な調達先のネットワーク強化
  ・発注者などからの信用低下、災害発生による生産性低下

4 人材の確保と育成

  • 多様な人材の採用、グローバル化にも対応した柔軟な人事・教育制度の充実など
  • ダイバーシティの推進、誰もが活躍できる働きやすい職場環境などの整備

(当社ビジネスへのインパクト)

  ・優秀な人材の確保、組織力の向上、事業領域の拡大
  ・優秀な人材の流出、生産性の低下、組織の硬直化

5 コンプライアンスの徹底

  • 法令遵守を最優先する経営の推進
  • 内部統制システムの充実など

(当社ビジネスへのインパクト)

  ・社会的信頼の向上、組織力の向上、事業基盤の強化
  ・事業活動の中断・停止、信用の失墜、事業機会の喪失

6 責任あるサプライチェーンマネジメントの推進

  • 調達ガイドラインの浸透、徹底など
  • 調達過程、状況の調査などの実施

(当社ビジネスへのインパクト)

  ・調達先との強固なネットワーク構築による競争力の向上、災害時のBCP対応力の強化
  ・調達停止による事業の中断・停止、人権問題などの発生による信用失墜および事業機会喪失

ページトップへ

設定プロセス

STEP1:関連する課題の絞り込み

外部機関の意見を取り入れながら、ステークホルダーの期待や要請を分析しました。国際的なガイドライン(※1)やSDGs(持続可能な開発目標)などを参考に、ESG分野の課題約300項目の中から22項目を「ESG課題」として抽出しています。

STEP2:課題の重要度の検証

22項目の中から、ステークホルダーの関心度・影響度および大林組グループにとっての重要度・影響度で評価しました。大林組の企業理念や事業戦略を踏まえてESG分野のマテリアルな課題を6項目特定しました。

STEP3:マテリアリティの決定

ESG分野のマテリアル課題6項目を解決するためのビジネスモデルをイメージ化し、KPI(数値目標)を設定しました。これらは社内レビュー、承認を得て、社長および取締役が議論のうえ、最終承認されたものです。

今後はこれらのマテリアリティやKPIに対するアクションプランを策定し、PDCAサイクルにて回すことにより、KPIの目標達成をめざします。達成度については年に1回レビューし、必要があれば適宜見直しを行います。

※1 国際的なガイドライン
以下の国際機関やNGOなどの団体のグローバルフレームワークを参考
・IIRC (International Integrated Reporting Council 国際統合報告評議会)
・SASB (Sustainability Accounting Standards Board 米国サステナビリティ会計基準審議会)
・GRI (Global Reporting Initiative)
・WEF (World Economic Forum 世界経済フォーラム)
・MSCI ESG Index (モルガンスタンレー・キャピタルインベストメントESG指標)

ページトップへ

ESGデータ

大林組の企業行動規範に沿って、ESGデータおよびKPIをご紹介します。

ページトップへ