大林組東京本社労働災害防止大会を開催

プレスリリース

大林組東京本社と大林組協力会社災害防止協会東京支部は共催で、平成12年度労働災害防止大会を6月13日、東京国際フォーラムにおいて開催し、約1,500名が参加しました。

大会では、東京本社安全衛生総括責任者の常務取締役 満田恒男が「危険を回避する周到な計画を立て、これを確実に実行して、現場で働く人々の安全と健康を確保して欲しい。又、労働安全衛生マネジメントシステムの推進により当社の安全衛生水準をレベルアップして労働災害の絶滅を図って欲しい」と参加者に呼びかけました。

続いて、来賓の仲村浩東京労働局労働基準部長、高野三田労働基準監督署長、南本禎亮建設業労働災害防止協会専務理事から祝辞を頂戴した後、無災害で工事を完成させた工事事務所や協力会社等に対する安全表彰が行われ、大林組東京本社安全衛生副総括責任者の大河内照雄土木事業本部統括部長が力強く安全宣言を行いました。その後ジャーナリストの櫻井よしこ氏による特別講演が行われ、盛会裏に終了しました。


以上
■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室企画課
TEL 03-5769-1014
東京都港区港南2-15-2 品川インターシティB棟