建設機械の塗料を無鉛化し、年間5トンの鉛・クロム化合物を削減

プレスリリース

有害な鉛やクロムを含まない塗料に切り換えました。これにより年間5トンの鉛・クロム化合物の使用を削減します。


近年、有害物質による環境の汚染が社会的に大きな関心事となりつつあり、企業の有害化学物質の管理強化が求められています。平成11年7月に成立した「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律(PRTR法)」では、事業者に化学物質の排出量・移動量の報告を義務づけることにより、事業者自身が化学物質の管理を強化し、さらには環境に与える負荷を低減する努力を促す効果を期待しています。

建設業はPRTR法の対象業種ではありませんが、大林組では有害化学物質の排出抑制に積極的に取り組んでおり、この活動の一環として、今回、建設機械の塗料の顔料を有害な鉛やクロムを含まない塗料に切り換えました。


大林組では、東京、大阪など全国8個所の機械工場に247台の各種クレーンや170台のリフト、28,000台を超える分電盤など多数の建設機械を所有しており、各機械工場でメンテナンスを行う際に塗装補修を行っています。塗装補修にあたって、当社のコーポレート色である大林カラー(パッションオレンジ色)などに使用していた塗料の顔料は、その発色の都合上クロム酸鉛、硫酸鉛などが主成分であり、全国8個所の機械工場で使用されている塗料総量約44トン(平成11年度実績)の内クロム酸鉛などの鉛・クロム化合物は約5トンになります。鉛は、摂取量が増すと骨組織に沈着し、さらに血液中に遊離・蓄積、四肢の麻痺、 嘔吐、下痢、血便、腎障害を起こし、肺、腎臓に対して発がん性ある有害物質です。また、クロム酸鉛に含まれるクロムの形態は、六価クロムで有害物質です。

今回、塗料メーカーの協力により無鉛の塗料で大林カラー(パッションオレンジ色)とほぼ同じ色を再現することができることとなったため、6月1日から当社所有の建設機械に用いる全ての顔料(発色素材としては、白、赤、橙、黄)を有害な鉛・クロムが含まれていない有機顔料 に切り替えました。この有機顔料にはPRTR法の対象物質は含まれていません。今後、鉛・クロムが含まれていない有機顔料に切り換えることで、年間5トンの鉛・クロム化合物の使用を削減することができます。


なお、今回は塗料の顔料について有害物質を含まないものに切り換えましたが、溶剤は有機系のものを使用しています。有害化学物質の排出抑制の立場からは、溶剤についても有機系から水(水性塗料)に切り替えていくことが必要と考え、水性塗料への切り換えについても検討を行っていますが、建設機械は野外で使用するため耐候性、耐久性の面で現状の水性塗料の性能ではまだ十分とは言えません。また、建設機械は製造工場出荷時に有機系溶剤塗料が使用されており、その上に水性塗料を塗布するには有機系溶剤塗料を剥離する必要があるなど課題が残されています。
今後、分電盤など一部の建設機械には水性塗料の試験使用を逐次行っていく予定ですが、機械全般の塗料溶剤切り換えは水性塗料の技術開発の動向を見ながら引き続き検討を行っていきます。

今後ますます、化学物質に対する社会の関心が高まっていくと考えられ、企業における有害化学物質の自主的管理並びに排出抑制が強く求められます。大林組は、今後とも有害化学物質の排出削減に努力していきます。

以上

■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室企画課
TEL 03-5769-1014
東京都港区港南2-15-2 品川インターシティB棟