大林組の前社長 津室隆夫(現相談役)がフランス政府より国家功労章を受章

日仏の技術交流による経済発展への貢献が評価される

プレスリリース

大林組の前社長 津室隆夫 現相談役は、昨日(9月27日)、駐日フランス大使より国家功労章シュバリエを受章しました。


国家功労章は、1963年の政令によって創設された勲章で、フランスに対して功績のあった国民、外国人に対して授与されています。

大林組では、1988年に大林芳郎社長(現会長)がレジオン・ドヌール勲章シュバリエ受章以来、フランス共和国より2人目の受章となります。


このたびの受章は、1966年にフランスのソレタンシュ社から導入した地中連続壁を構築する技術が、その後の同社と大林組の改良、改善により、今日の日本の建設業界における高度な技術に発展し、そのことが日本とフランス両国の技術交流による経済発展に寄与したとして評価されたものです。

地中連続壁とは、地中深くにまで鉄筋コンクリートで構築する遮水壁です。騒音、振動、地盤沈下を低減する技術としての地中連続壁の導入にあたっては、当初、実績のあったソレタンシュ社のCIS-58型による工法、次いで日本の土質にも適応性の高いKELLY掘削機、さらに巨大な地下タンク構築に最適のハイドロフレーズ掘削機の導入に至るなど、一貫して技術的な発展を遂げました。当社においては、34年間にわたり、無事故で、壁面積400万m2の実績を挙げるに至るなど、今日では、日本における優れた地下工法の主役を担っています。



 

以上
■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室企画課
TEL 03-5769-1014
東京都港区港南2-15-2 品川インターシティB棟