平成12年度 「建築生産技術発表会」を開催

プレスリリース

pointer 平成12年度 「建築生産技術発表会」を開催
   大林組は、1月30日、東京本社において社内の建築施工計画・施工技術担当者 を主な対象に「平成12年度 建築生産技術発表会」を開催しました。

当発表会は、以前から実施していた「施工技術特別研修会」を平成9年度から 拡大・発展させたもので、最新の建築技術の普及と職員の技術力向上、 施工計画担当者への高度な施工計画技術教育を目的に、東京と大阪の2ヶ所で行われ、 それぞれ約200名が参加します。
今回は、「省力化・自動化・工業化」、「特殊・大規模等難条件克服」、 「仮設・物流」、「地下・山留・杭」、「鉄骨」、「外装」、「設備」、 「リニューアル・解体」、「免震」、「環境保全」の分野にわたって、 各店より50事例の推薦があり、発表会当日に参加者が積極的にディスカッションできるように、 発表事例を事前にイントラネット上に掲載しました。
発表会の開会に当たり脇村建築事業本部長は、「生産部門には、収益性を上げる為の一段と 高い生産性とコストダウンを実現する技術が要求されており、本日の技術発表会をその為の一助として、 皆さんの技術力向上につなげて欲しい」と挨拶しました。
発表会では、一般現場での生産性向上に主眼を置いた3つのテーマ 「集合住宅の生産性向上」・「大規模地下工事の課題と対策」・「短工期施工への取組み」に分けて、 各テーマ別に、コーディネーター、発表者、イントラネットで事前に事例の内容を把握した参加者が、 ディスカッション形式による活発な意見交換を行いました。


以上

 

■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室企画課
TEL 03-5769-1014

東京都港区港南2-15-2 品川インターシティB棟