第20回 土木技術発表会を開催~土木事業における新規分野への技術開発推進、展開へ向けて~

プレスリリース

pointer 第20回 土木技術発表会を開催
土木事業における新規分野への技術開発推進、展開へ向けて  
   大林組は、2月6日、東京本社で全店の土木系役職員を主な対象に 「第20回 土木技術発表会」を開催しました。

当発表会は、社内で実施した新技術適用や高度な技術を要した 工事実績を技術的観点から取りまとめて発表するとともに、 土木職員の技術向上意欲を高め技術開発への積極的参画を促進し、 結果として大林組全体の技術向上を図ることを目的に、 昭和57年に第1回が開催され、今年で20回目を迎えました。
今回は、建設業を取り巻く厳しい環境を鑑み、 土木事業における新規分野への技術開発推進を進め、それらを含めた 技術の水平展開を行うことを主眼とし、「汚染土壌処理」などの 環境関連技術への取組みなどの特別セッションや、ITを利用した 「4Dバーチャルツアー」のデモセッション、キャンペーンとして 本社3階ラウンジでのポスターセッションを期間限定(2/5~14)で行います。
発表会は、全国より59件の報文の応募があり、 そのうち予め選考された「新しいシールドセグメントの開発」、 「汚染土壌の改良技術」をはじめとする13件の発表が、参加400余名のもと行われました。

開会にあたり荒川副社長は「これからの建設業においては さらに技術≠ノよる差別化が進み、技術開発を行う上では他社が持っていない技術、 売れる技術、原価低減するための技術等を戦略的に保有していくことが重要」と述べ 「本日の発表会で当社の土木技術の現状を把握し、今後の業務に活用して欲しい」と挨拶しました。

最後に、上原専務から優秀報文に対しての表彰が行われ、大林専務の講評をもって閉会しました。

以上

 

■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室企画課
TEL 03-5769-1014

東京都港区港南2-15-2 品川インターシティB棟