日本初の大型PFI事業が着工 ~県立かながわ保健医療福祉大学(仮称)新築工事起工~

プレスリリース

  日本初の大型PFI事業が着工
県立かながわ保健医療福祉大学(仮称)新築工事起工
 
  日本初の大型PFI事業となる県立かながわ保健医療福祉大学(仮称)新築工事の安全祈願祭が(株)大林組 脇村 典夫 建築事業本部長等出席のもと、平成13年6月5日11時から神奈川県横須賀市の計画地内で執り行なわれ、(株)大林組が工事を着工しました。
計画地は、神奈川県横須賀市平成町1-10で敷地面積は、約37,800m2。施設規模は、教育研究棟(S造/免震構造 地上6階)と管理図書館棟他(S造 地上4階)のあわせて延約42,000m2。発注者はエスピーシー・ピーエフアイ神奈川一(株)(本社:神奈川県横浜市、社長:小蛻阨v)で、設計監理は(株)東畑建築事務所(本社:大阪府大阪市、社長:真塚達夫)、施工は(株)大林組が担当し、平成15年1月に竣工、神奈川県に引渡されます。

このPFI事業は、「神奈川県立保健医療福祉大学(仮称)」設置に際して、民間事業者から高度な技術とノウハウを活かした設計・施工・資金調達及び維持管理業務に関する一括提案を募集し、建物のデザインはもとより、資金調達や事業運営のリスク管理などの各面から総合的に最も優れている提案が選定されたものです。選定された事業会社は、その提案を基に建物等を設計・施工し、完成後に県へ所有権の移転をするとともに、所有権移転後の施設に関して維持管理業務を行います。
大林組と(株)東畑建築事務所は、大林組を代表事業会社として「神奈川県立保健医療福祉大学(仮称)」施設整備事業の提案を行い、平成12年4月に行われた県立保健医療福祉大学施設整備提案審査委員会において高い評価を受け、優秀提案に選ばれました。その後、両社は神奈川県と基本協定を結び、契約条件の詳細について協議を重ね、大林組の100%出資会社であるエスピーシー・ピーエフアイ神奈川一(株)と神奈川県との間で合意に達し、平成12年7月21日、「建物等の販売及び維持管理に関する基本契約」を締結していました。

以上

 
  ■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室企画課
東京都港区港南2-15-2  品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014