コンクリートの強度を最大限に引き出す「キュアテープ」工法を開発・実用化 ~十分な養生期間を可能とした養生テープ~

プレスリリース

  コンクリートの強度を最大限に引き出す「キュアテープ」工法を開発・実用化
十分な養生期間を可能とした養生テープ
 
  大林組は、コンクリート型枠を取り外した後に、コンクリートの耐久性を最大限に高めるための養生期間を確保することができる養生テープ「キュアテープ」を開発し、これを用いたコンクリート乾燥防止工法を開発・実用化しました。

近年、コンクリートの耐久性に対して社会的に関心が高まっており、国土交通省でもテストハンマーによる構造躯体の検査を行うなど、コンクリートの性能への関心が高くなっています。コンクリートが所要の性能を発揮するためには、型枠に打ち込んだ後、十分に硬化するまでの期間、適切な温度と湿度のもとで養生することが必要です。コンクリートは,この養生期間中に緻密な組織を形成するので、コンクリートが乾燥しないように配慮します。しかし、現実は厳しい工期の中で養生期間を必要最低限しか行えない状況です。

今回、大林組が開発・実用化した「キュアテープ」工法は、型枠を取り外した直後のコンクリート表面に「キュアテープ」を貼り付けるだけで、大気中への水分の散逸を防ぎ、養生期間を長くとることによって最大限にコンクリートの耐久性を高めることができる工法です。一度貼ってしまえば、そのまま放置可能で、型枠の取り外しが早くできます。

今回、開発・実用化した「キュアテープ」工法の特長は次ぎのとおりです。
  1. 抜群の保水性により、強度の発現を促進します
    大気中への水分放出が無く、十分な養生期間を実現することでセメントの水和が充分に進行し、緻密な組織形成を促します。また、日射による表面温度の上昇も抑制し、コンクリートの所要の性能を最大限に確保します。
     
  2. 高い施工性を実現します
    コンクリートが自立さえすれば柔らかくても表面が濡れていても接着可能です。巻戻しが軽いので,広幅のテープでも楽に施工できます。テープの貼付期間は、最大3ヶ月。貼った後はそのまま放置しておくだけで,剥ぐまで手間がかかりません。また、早期に型枠を取り外すことができるので、型枠転用を促進できます。
     
  3. 外観が美しい仕上がりです
    「キュアテープ」がコンクリートの表面を鉄筋の錆やエフロなどの汚れから保護します。テープを剥がしても糊が後に残りません。


今後、大林組では同工法を積極的に採用、提案していきます。

以上

●販売元:
住友スリーエム(株)
住所 東京都世田谷区玉川台二丁目33番1号
TEL 03-3709-8303

 
  ■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室企画課
東京都港区港南2-15-2  品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014