「特許情報管理システム」を構築し、新たな事業展開へ

プレスリリース

pointer 「特許情報管理システム」を構築し、新たな事業展開へ
  大林組は、建設分野の特許情報のみならず広範囲にビジネスモデル特許などの情報を全社員が随時閲覧することができる「特許情報管理システム」を構築し、技術開発や新たな事業展開など、異業種との業務提携も視野に入れ、積極的な展開・推進を図っていきます。

大林組では、技術開発担当部門や組織横断的な研究開発グループにより研究開発が行われています。研究開発成果に係る特許や技術部門が独自に出願する特許などの情報は、これらの担当部門や研究開発グループ内でだけ取り扱われる傾向が強くありました。近年、複合的な技術開発の要求やビジネスモデル特許等、複数の部門が横断的に関与する必要性が高まり、担当部門や研究開発グループだけが所有している技術情報だけでなく、広範囲な情報を入手する必要性が高まっていました。

大林組は、技術開発成果を有効に活用し、ビジネスモデルを構築するための特許出願を、迅速にかつ組織横断的に幅広く意見を聴取したうえで行なうために「特許情報管理システム」を構築し、イントラネットから全社員が即時に特許情報やビジネスモデルに関する情報などを取得できる体制を整えました。このシステムを利用して複数部門から迅速に意見やアイデアを集めることで、複合的な技術開発の推進や異業種との共同開発、ビジネスモデルの構築、技術開発成果の活用・販売などを目指します。また、自社取得特許を上流部門(営業)から下流部門(現場)まで即時に周知することで、全社での技術やビジネスモデルの水平展開や有効活用を積極的に図っていきます。
異業種のビジネスモデル特許を含む特許等の情報については、最新の情報を定期的に入手し、知的財産部にて選別した後、「特許情報管理システム」を利用して全社員が閲覧、監視できるようにしました。

今回構築した「特許情報管理システム」は、下記に示す複数のシステムから成る統合管理システムです。

「特許情報管理システム」
「国内特許管理システム」(自社出願情報データベース)
「外国特許管理システム」(海外出願情報データベース)
「監視システム」(他社出願重要特許情報データベース)
「商標管理システム」(商標情報データベース)
「契約管理システム」(実施権許諾契約や共同出願契約等情報データベース)
「包袋管理システム」(特許公報、出願文書情報データベース)  など

今日のIT技術の進歩、普及は、建設現場の管理方法にも重要な影響を及ぼすことが予想されます。大林組は、代表的なビジネスモデル特許「現場管理システム」(特許第3005605号、シマヅネットワークシステム(株)と共有)を始めとして、ビジネスモデル特許の取得に力を入れています。
今後、この「特許情報管理システム」をひとつのツールとして、他社との提携も視野に入れた技術開発や新規事業の展開、ビジネスモデル特許の取得・活用を積極的に進めていきます。

以上

■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室企画課
東京都港区港南2-15-2  品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014