防火性に優れたリサイクル断熱材「セラミライトエコ」を開発~再生発泡スチロール破砕片を使用した環境にやさしいリサイクル建材です~

プレスリリース

pointer 防火性に優れたリサイクル断熱材「セラミライトエコ」を開発
−再生発泡スチロール破砕片を使用した環境にやさしいリサイクル建材です−
  大林組は、エスケー化研(株)(本社:大阪府茨木市中穂積3-5-25、社長:藤井 實)と共同で、防火性に優れたリサイクル断熱材「セラミライトエコ」を開発しました。セメント系無機バインダーが発泡スチロール破砕片をコーティングすることにより、ポリウレタン系断熱材などに見られる「爆燃」の発生を防ぎます。「セラミライトエコ」に使われる発泡スチロール破砕片は、リサイクル品を使用し、環境にも優しい現場吹き付け型の断熱材です。

近年、省エネルギーなどの観点から建物はますます高断熱・高気密となり、我々の身の回りの普段目に触れない壁や天井裏に多くの断熱材が使われるようになってきました。これらの断熱材には、断熱性能や施工性、コスト面で優れているポリウレタンのような有機系断熱材(可燃物)が多く使われていますが、こうした有機系断熱材は燃焼性が高く、時として溶接火花などが着火源となり「爆燃」という大変燃焼速度の速い火災現象を招きます。また、有機系断熱材は、材料の種類や燃焼状態により、シアンや一酸化炭素などの有毒ガスを発生する危険性もあります。

今回開発した「セラミライトエコ」は、セメント系無機バインダーが発泡スチロール破砕片をコーティングしているため、ポリウレタンなどの有機系断熱材に比べると燃焼性が低く自己消火性があり、溶接火花などによる「爆燃」を起こしません。発泡スチロール破砕片にはリサイクル品を使用しており、環境にも配慮した現場吹き付け型の断熱材です。

今回開発した「セラミライトエコ」の特徴は以下のとおりです。
  1. 「爆燃」しません。
    ポリウレタン断熱材などは、溶接火花などの火気にさらされると「爆燃」という非常に燃焼速度の速い火災現象を引き起こすことがありますが、本材料はセメントが発泡スチロールをコーティングしているため、火気による着火や延焼を抑制する効果が高く、自己消火性があり安全です。
     
  2. 「リサイクル建材」です。
    本材料は、不要となった梱包用発泡スチロールを工場で破砕し、粒子状となったものをセメントと混ぜ合わせることにより壁などへの吹き付けを可能にしたリサイクル建材です。
     
  3. 「有毒ガス」を発生しません。
    主材料である発泡スチロールは、廃棄物としてゴミ焼却場などで燃やしても、水と二酸化炭素に分解され、有毒なシアンガスやダイオキシンも出ません。
     
  4. 「断熱性」に優れています。
    材料全体の体積のうち80%以上がこの再生発泡スチロールの粒であるため断熱性能も良く、現在最も多用されているポリウレタン断熱材にほぼ匹敵する値です。
    (本開発品:0.030 kcal/mh℃、ポリウレタン:0.022 kcal/mh℃、グラスウール:0.038 kcal/mh℃、ALC:0.13 kcal/mh℃)
     
  5. 「ノンフロン」です。
    フロンならびに代替フロンも一切使っておらず、吹き付け時や解体時にそれらをまき散らすことが無く環境に優しい材料です。
     

今後大林組では、このような防火性に優れ、環境に優しい断熱材を建物に適用することで、施工中あるいはリニューアル中の火災の発生を防止するとともに、再生発泡スチロール破砕片を使用することで資源の再利用と建物の高断熱化によるエネルギー消費の低減を図り、環境に配慮した建物造りに貢献していきます。

以上

  ■この件に関するお問い合わせ先
大林組 東京本社 広報室企画課
東京都港区港南2-15-2  品川インターシティB棟
TEL 03-5769-1014

エスケー化研(株)営業本部 営業開発グループ 次長 重野誠治
大阪府茨木市中穂積3-5-25
TEL 0726-21-7733